Context Aware Encoding 導入企業からのコスト削減報告

*動画内右下のボタンから日本語字幕をオンにできます

画期的な動画圧縮技術であるContext Aware Encoding(CAE)を導入したお客様から素晴らしい報告をいただきました。

まず、CAEとは、動画の保存とストリーミングのコストを削減します。 スケーラブルで魅力的な動画製品を構築するには、世界レベルの技術と専門知識が必要です。 Brightcoveはこれをサポートすることができますが、お客様からは、動画コンテンツの保存と配信のコストを削減し、エンドユーザーの動画エクスペリエンス向上を支援することにフォーカスしてほしいという声を一貫して聞いてきました。 これがCAEを構築した理由です。

CAEは強力なアルゴリズムを使用して、各動画のコンテンツを分析し、ネットワーク接続とコンテンツを消費するデバイスのタイプを調べることで視聴状況を考慮し、最適なビットレートラダーを生成します。 このプロセスでは、動画品質を維持したまま、レンディション全体の数と各レンディションのビットレートが最適化されます。つまり、より少ないストレージ容量、より少ない配信コスト、より少ないCDN使用量で今までより高品質の動画が配信できるようになります。大量の動画数や再生数を管理するコンテンツ所有者にとって、CAEはストレージとCDN使用量の両方に魅力的なコスト削減をもたらし、視聴体験を向上させるものとなります。 また、個々の動画のコンテンツの複雑さの組み合わせに合わせたカスタムエンコーディングプロファイルを作成することで、CAEはより速く起動し、バッファを少なくする高品質の動画を可能にします。

Young Hollywood がCDN使用量を削減、将来にわたってコストをセーブ

セレブリティ情報に特化したデジタルメディアであるYoung Hollywood は、最も効率的な方法で最高品質のコンテンツを提供することが同社の最優先事項でした。 同社はCAEで内部コスト削減を促進し、再生品質を向上させました。

Young Hollywood 社は当初、同社の2つのブランド(Young Hollywood と Young Hollywood TV)に対してCAEを設定しました。 CAEを使用し始めた初期の段階で、この2つのブランドにおいてはCDN使用量が最大35%、ストレージが23%削減されました。

NABでの展示

CAEはまた、NewBay Mediaによる「Best of NAB 2018」や「Best of Show 2018」など、NABにおいて複数の賞を受賞しました。 業界への発表でCAEが認知され、今後さらに多くの賞が贈られることを楽しみにしております。

より少ないCDN使用量とストレージコストでより良い視聴体験を試したい方は、Brightcoveアカウントマネージャーまたは当社にご相談ください。

動画配信コストをContext Aware Encodingで削減させよう