社内コミュニケーションで動画を使い始めるための方法3選

社内コミュニケーションで動画を使い始めるための方法3選

あなたの組織は、すでに外部のコミュニケーションのために動画を使っていることでしょう。マーケティング部門や営業推進部門は動画を定期的に作成して公開し、オンラインでの認知、エンゲージメント、コンバージョンを高めています。


しかし、社内でのコミュニケーションについては、昔ながらのツールを使用し続けたまま、立ち往生しています。 ほとんどの場合、人事異動は電子メールで送信され、トレーニングセッションの受講は従業員が本社に派遣されることを意味します。


一方で、動画の力を考えてみましょう。動画は知識の形成を高め、視聴者とのつながりを生み出します。
従業員の半数以上(54%)が組織内で動画を見ることを期待しているという調査結果を踏まえると、従業員に向けた動画の費用対効果は今まで以上に高まっていると考えられます。

コンテンツを自社で制作する場合も、外部に委託する場合も、多額の予算をかけずにできるようになってきています。

 

1.コーポレート・コミュニケーション(企業広報)
組織のグローバル化や拠点の分散化に伴い、動画は最新の情報を組織全体に行き渡らせ、つながりを維持するのに最適な方法です。動画は誰もが同じメッセージを同時に受け取ることができるので、情報が錯綜しません。社内会議における社長のスピーチや earnings call(投資家向け収支報告会)、タウンホールミーティングなどををライブストリーミングで配信することで、会社としてのメッセージを誰がどのように発信しているのかを社内に見せることができます。 SAS、Smithfield Foods、Restoration Hardwareなどの組織はすでにこれを行っており、そのメリットを享受しています。

 

デロイトもこの分野に挑戦しています。同社は244,400人の従業員を擁していますが、グローバルブランドを実現するため、従業員と役員がよりパーソナルなレベルでつながる動画ポータルであるDeloitte TV Networkを立ち上げました。

このページには、動画の撮影者とデロイトの経営陣の間の台本無しのアドリブ会話の動画があり、従業員はリーダーシップスタッフの日常的な性格を覗き見ることができます。

 

2.トレーニング(研修)
組織が成長するためには、定期的なトレーニングが重要です。しかし、従業員全員が同時に研修室に入ることは難しいでしょう。そこが動画の登場するポイントです。ライブ配信でもオンデマンドでも、動画は組織全体で一貫したメッセージと受講体験を提供できます。また、パーソナライゼーションにより、人と人とのやり取りが失われないようにします。


しかし、単に動画を配信するだけでは不十分です。視聴者である従業員が動画に関与し、自分のものとできる体験を作り出す必要があります。 クイズ、投票、チャプター化などのインタラクティブな要素を動画に追加すると、片方向の会話を双方向の会話に変えることができます。また、すべてクリックとアクションは測定可能なため、従業員がコンテンツにどのように関わっているかを評価し、これを念頭に置いてコンテンツを計画することができます。

ただの動画視聴データではなく、パーソナライズされ、高度にターゲット設定された動画効果を測定することができるようになります。
サムスン電子やダンキンドーナツは、新しいスキル開発から製品デモンストレーションにいたるまで、世界中の人材のための動画ポータルを構築しました。
 

3.新入社員向け
人事部門の皆さん、動画は入社時の時間を短縮し、新しい人材を迎え入れる際に感情的なつながりを醸成します。ウェルカムビデオなどのオンデマンドコンテンツのページを制作することで、新規採用者をオンラインに飛ばし、迅速かつ効果的に組織に迎え入れることができます。 ITポリシーや様々な手順書、さらには会社概要によっても、有用な導入ビデオが作成できます。これを拡大していけば、動画ポータルページを従業員のディレクトリとして活用し、新しい採用者に動画での自己紹介を通じて組織内に幅広くつながりを創造することも可能になります。従業員同士つながりや企業文化の導入、経営幹部との信頼関係の構築を支援し、従業員の自己学習を可能にし、現場のトレーニングコストを削減します。

 

スモールスタートで始めよう
社内に対するブランディングは、社外ブランディングと同じくらい重要であることを覚えておく必要があります。社内ブランディングにより、分散したチームを結びつけ、すべての従業員が組織に関与できる機会を最大化します。


まずは通常のテキストでのメール配信を動画のアップデートに置き換えて、小規模に始めましょう。動画の背後にある分析機能を最大限活用することも忘れないでください。これにより、従業員の理解を深め、コンテンツを通じてコミュニケーションを深めることができます。

私たちは動画のエキスパートです。こちらからお気軽にお問い合わせください。ブライトコーブからの最新情報を受け取ることもできます。