ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

ソーシャル動画記事のカスタマイズでするべき3つのこと

今日のマーケティングは、10年前のそれとはまったく別のものになっています。この大きな変革は何によって引き起こされているのでしょうか?消費者は個人のニーズに合わせて設計された、パーソナライズされた体験を求めるようになっており、この結果マーケターは全く異なるペルソナとプラットフォームに合わせた多様な戦略を立てる必要に迫られています。ソーシャル動画戦略の立案にしても、同様のことが期待されています。ソーシャル動画のプレゼンスを構築していくにあたり、考慮すべきことは無数にあります。多様なオーディエンス、様々なソーシャルプラットフォーム、それぞれ異なった規制とベストプラクティスといったことが挙げられますが、これはほんのわずかな例に過ぎません。

このような考慮すべきことや優先事項が無数にある中で、動画マーケターがまず手を付けるべきはどこでしょうか?シンプルに始めましょう。ブライトコーブのソーシャル専門家がお勧めする、ソーシャル動画記事の公開前に必ずすべき3つのカスタム化をご紹介しましょう。

フリーサイズの服は全員に合うわけではない

3つのすべきことについて詳しくお話しする前に、まず主なソーシャルプラットフォーム上での動画の使い方の違いについて簡単におさらいしておきましょう。Tシャツ店での「フリーサイズ」が、実際には全員にピッタリではないのと同様、ソーシャルプラットフォームに動画を投稿する際にも同じことが言えます。ソーシャルメディアの市場で最適とされる動画の長さは、それぞれのトレンドと制限を考慮すると次のようになります。

  • YouTube

    • コンテンツのタイプ:ミュージックビデオ、テレビ番組のクリップなど、比較的長いコンテンツに向いています

    • 最適な長さ:2-4分間

    • 視聴数カウント:30秒の視聴が1ビューとカウントされます

    • 自動再生:動画と動画の間に自動再生

  • Facebook

    • コンテンツのタイプ:音を消した状態で視聴されることも多い

    • 最適な長さ:1分間

    • 視聴数カウント:3秒間の視聴が1ビューとカウントされます

    • 自動再生:動画の開始が自動再生

  • Twitter

    • コンテンツのタイプ:短くてかわいいのが重要

    • 最適な長さ:30秒間

    • 視聴数カウント:3秒間の視聴が1ビューとカウントされます

    • 自動再生:動画の開始が自動再生

 

カスタム化のコツ①:カスタムサムネイルで注意を引く

第一印象が大切です。動画をソーシャルチャンネルに公開するときに見落としがち(ですが、非常に重要!)なポイントは、必ず最適なサムネイル画像を選ぶということです。ほかのコンテンツの場合には間違いなくできる限りエンゲージされそうな動画を注意深く選んでいると思いますが、動画を別とする理由は何もありません。オーディエンスが目にする画像は、目を引いて「再生」ボタンを押したくなるような画像でなければなりません。ですから、動画の投稿にはカスタムサムネイルを作ることでブランドの構築に役立てなければならないのです。カスタムサムネイルを使うことにより、動画の再生前に表示される静止画像をコントロールすることが可能になります。ロゴでも、マーケティング戦略の中で使用されている画像であってもいいのですが、カスタムサムネイルを使用することで、見た目や感覚がすべてのマーケティング資料で一貫したものになります。

カスタム化のコツ②:タグ付で適切なオーディエンスを獲得する

エンゲージしようとしているオーディエンスや目的のマーケットで使用されているタグについて必ず調べ、動画コンテンツの中でそのタグを使用するようにしましょう。Brightcove Socialのユーザーであれば、新たな機能として、FacebookでAudience Optimization Interestsタグを、YouTubeではカテゴリータグを挿入する機能が追加されました。これらのタグは、ソーシャルチャンネル内で、より直接的に特定のオーディエンスにターゲットを絞り、彼らをエンゲージすることが可能になります。 

カスタム化のコツ③:コンテンツの持つ力をクリッピングで最大化

すでにお気づきのことと思いますが、ソーシャルメディア上での動画は非常に人気があり、ユーザーがどん欲に消費しています。しかしその需要に応えるのに十分な動画を制作するにはどうしたらよいのでしょうか?すでに持っているものを活用しましょう。長い動画を短く切り分けて複数の短いバージョンの動画を制作、すべてのプラットフォームに配信します。Brightcove Socialのクリッピングツールがこの手順を簡単にします。動画チームに頼むことなく、またオリジナルの長い動画ファイルに影響を与えることもなく短いクリップを作ることができるのです。それぞれのクリップは別のファイルとして、Video Cloud Media Libraryに保存され、いつでもアクセスできるようになります。

当社では、ソーシャルネットワークは今後も、ニュースフィードをリーチ対象のオーディエンスに向けてよりパーソナライズ化、ターゲット化したものにするため、動画の最適化やより進化したアルゴリズムの開発に投資を続けていくものとみています。これを活用し、狙ったオーディエンスに動画コンテンツを届けられるようにできるかどうかはあなたにかかっています。ここで紹介した3つの方法は、きっとお役に立つことでしょう。 

より深く知りたい方は Brightcove Socialをご覧ください。