動画のさらなる活用:社内全体で動画のパワーを開放しよう

動画のさらなる活用:社内全体で動画のパワーを開放しよう

「動画は人類史上最も効果的なデジタル コミュニケーションの形だ」

ブライトコーブの私のチームの誰に聞いても、私が一番よく口にするのはこの言葉だと口をそろえることでしょう。そして私はまだまだ口にするのをやめるつもりはありません。なぜかって?大胆ではありますが、「人類史上一番」ですから。でももっと重要な理由は、それが真実だからです。動画は他のデジタル コミュニケーションの形よりももっと深いレベルで私たちを取り込み、素早く、ほかのメディアでは不可能なほど大量の情報を伝え、さらに私たちの感情にまで入り込みます。脳の中の情緒的な部分への近道なのです。

 

動画が持つ力に対する信念こそ、創業以来のブライトコーブをけん引してきた原動力です。ブライトコーブは10年余り前に、1つの重要な(そして当時としては非常に急進的な)理論に基づき創業されました。その理論とは、動画はいつの日かインターネット上でテキストと同じくらい普遍的なものになる、というものです。その日がとうとうやってきたことに、私は興奮しています。2016年、動画はインターネット トラフィックの73%を占め、 2021年には82%を占めると予想されています。

何年にもわたって当社はマーケターの皆様へ、動画のパワーを使って、認知、エンゲージメント、コンバージョン、リテンション、そしてロイヤリティを向上させるお手伝いをしてきました。その間に、当社のお客様がマーケティングを超えて様々な機能の用途に動画を使用するようになっていくのを見てきました。オンライン動画の視聴が爆発的に増えるに従い、セールス、サポート、人事、企業広報、研修をはじめ、様々な機能部門が、動画の力に目をつけてビジネスの業績拡大のために利用するようになりました。しかしまだ動画採用の状況にギャップがあります。ブランドやエンタープライズ、NPO団体の大半は、まだ1つか2つの機能部門が非常に基本的な活動にのみ動画を使用しているに過ぎず、動画のポテンシャルの表面をかじっているにすぎないのです。

そのギャップを埋めるべき時が来ました。企業や組織が動画の利用で実感しているメリットを、新たな機能とより深い知見、そしてビジネス全体へのさらなる応用を通して次の段階に引き上げる任務を遂行しています。

私が今日ブライトコーブの新たなガイド「動画はあなたの組織全体の役に立つ」 を皆様にご紹介するにあたって本当にワクワクしているのはそのためです。この包括的なガイドは、企業や団体が動画のシンプルな利用を超え、マーケティング、社内コミュニケーション 、イーコマース、顧客サポート、およびセールスの各分野で動画を効果的に実装することで成功を収めるための道筋をご案内するものです。幅広い業界の動画リーダーたちが、業務のあらゆる側面において、どのようにして新たな方法で動画を利用し業績向上につなげているのかを紹介し、そしてほかの企業や組織でも同様の成果をもたらすための次のような手段についてまとめています。

  • 動画を企業・組織全体におけるデジタル体験の不可分の一部として組み込む

  • 動画を始めるだけではなくて、動画のリーダーになる

  • 動画への投資から、計測可能なリターンを得る

ぜひこのガイドを読んで、あなたの企業や組織が「動画採用度」のスケールでどこに当てはまるかを確認してください。そしてさらに重要なこととして、あなたの企業や組織全体で動画のパワーを活用するために次にとるべき手段は何かを見つけてください。皆さんがこの最強のデジタル コミュニケーション ツールをどのようなに活用して業績につなげているか、教えていただけるのを楽しみにしています!