動画マーケティングの先駆者たち:マーケターにとって動画が最も効果的なメディアである7つの理由

1. ライター陣も動画が非常に効果的だと考えている

Ann HandleyMarketingProfsの最高コンテンツ責任者、『Everybody Writes』の著者):マーケターたちは動画をますます戦略的に活用し、自社のストーリーをより効果的に伝えるようになってきたと思います。動画はすごいですね。ライブ動画やソーシャル動画には途方もない可能性があります。

「動画はすごいですね。ライブ動画やソーシャル動画には途方もない可能性があります」
@annhandley[クリックしてツイート]

2. 動画はコンテンツ疲れを打開するから

Anita BreartonCabinetM 創業者 兼 CEO):押し寄せるコンテンツを考えると、正直なところ、読める数には限りがあります。短い内容のものでも、誰かが話をしてくれないかなと思うこともあります。

3. 昔ながらの退屈なブランドストーリーも動画で甦るから

Carlos HidalgoVisumCx CEO):あなたが「ケーススタディを読もうかな?それとも、誰かの体験を聞いて、その相手と人間的な――できれば共感できるようなつながりを持とうかな?」と考えているなら、動画に勝るものはありません。「これがあなたの事例です。PDFをダウンロードしてください」という動画にはかないません。

「ケーススタディを読もうかな?それとも、誰かの体験を聞こうかな?」
@cahidalgo[クリックしてツイート]

4. 動画は見込み客やリード、顧客を夢中にさせるから

Jeff JulianEnterprise Marketerの共同創業者):私たちのやり取りはいずれテキストを超えるでしょう。これからは動画です。モーションや音声による没入型の体験です。

「私たちのやり取りはいずれテキストを超えるでしょう。これからは動画です」
@entmktrの@jjulian[クリックしてツイート]

5. 動画のケーススタディなら、「問題解決」モデルがうまく伝わるから

Andrew DavisMonumental Shiftの創業者):素晴らしいケーススタディ動画に求められているのは、製品を利用する前の苦労話や、新しいソフトウェアプラットフォームで問題がすべて解決したときの嬉しさが分かる瞬間といったストーリー性です。単に感想が述べられ、ブランドが勧められる動画は好まれません。語るのではなく、見せましょう。動画なら、はるかにうまくいきます。

6. 動画なら、こうした問題が身近に感じられるから

Michael BrennerMarketing Insider GroupのCEO):動画には人間味があり、登場人物に親しみを感じるからです。ブランドが自らの素晴らしさを語るわけではなく、実在の人物が直面した問題を話してくれるのですから、共感できます。

「ブランドが自らの素晴らしさを語るわけではなく、実在の人物が直面した問題を話してくれるのです」
@BrennerMichael[クリックしてツイート]

7. 結局のところ、動画ならストーリーを語るだけでなく、体験を共有できるから

Lee OddenTopRank MarketingのCEO):何らかの体験を演出し、人々に何かを感じてもらいたいなら、動画を取り入れましょう。そうすれば、してはいけないことなど、ほとんどないと実感します。動画でどうにかできないことはほとんどありませんし、動画が役に立たないコミュニケーションもほとんどありません。結局のところ、体験を演出したい、ストーリーを語りたい、人々に何かを感じてもらいたいと思うなら、動画を取り入れましょう。

「人々に何かを感じてもらいたいなら、動画を取り入れましょう」
@TopRankの@leeodden[クリックしてツイート]

他の「動画マーケティングメンター」シリーズもご覧ください!

 

動画マーケティングの先駆者たち:2017年のコンテンツ動向

動画マーケティングの先駆者たち:インフルエンサーに聞く、ソーシャル動画のベストプラクティス9選

「動画マーケティングの先駆者たち」シリーズ一覧