ソーシャル動画のベストプラクティス:Twitter をビジネスに活用する方法

ソーシャル動画のベストプラクティス:Twitter をビジネスに活用する方法

Facebook ユーザーが個人情報をシェアしすぎていた 2008 年、小規模な「ミニブログ」の Twitter は後発組ながら勢いを増していました。140 文字に制限されているものの、シェアしすぎる傾向はこれでさらに加速します。今グリルドチーズ サンドイッチを食べてるの? いいわね。初めて Twitter を見つけた時、私は好きになれませんでした。

けれどもようやく、充実したソーシャル メディア プロフィールが優れたマーケターの必要条件だということが分かりました。コミュニケーションが深まるのです。そこで私は、@shannonkmurphy という信じられないほど長いアカウントを手に入れて、仕事に取り掛かりました。

時は飛んで現在、好きか嫌いかは別として、誰もが Twitter を利用しています。あなたがマーケターなら、Twitter で業界のニュースを読んだり、ライバルに目を光らせたり、顧客に対応したりするでしょう。とはいえ、メッセージを作り、広め、トラッキングするのは大変です。コミュニティーを作るだけでなく、ソーシャル ネットワークが配信する最新情報は私たちを驚かせます。ツイートに写真がリリースされた時のことを思い出してください。次なる目玉はソーシャル動画。ニュースフィードで注目を引き、オーディエンスの人気を集めます。Twitter ユーザーの 82% は Twitter で動画コンテンツを視聴しています。動画は簡潔で視覚に訴えるコミュニケーション方法ですから、この人気も驚くにはあたりません。Twitter のソーシャル動画をもっと活用して、自社ブランドの価値をアピールする方法を探ってみましょう。

Twitter のソーシャル動画はなぜ重要なのか

SNS にはそれぞれ強みがあります。マーケターから見ると Twitter や LinkedIn は他のソーシャル メディア フォーラムよりプロフェッショナルな印象がありますが、これは B2B 分野のマーケターにとって特に重要なポイントです。事実、社員を 100 人以上抱える米国企業の 65.8% はマーケティングのために Twitter を利用しています。Linkedin Pulse は動画コンポーネントが埋め込めるので、かなり前からコンテンツ マーケターに人気ですが、http://www.marketingdive.com/news/linkedin-launches-its-first-video-feature-in-news-feed/423761/インフィード動画は LinkedIn では昨年始まったものですから、今のところは Twitter に目が向きます。

Twitter は話題のハッシュタグを付けたニュース速報、そして特に関係の深いブランドから最新情報が届く未読まとめ機能によって、重要な情報源になろうとしています。オーガニック&有料戦略を盛り込んだソーシャル動画戦略を利用すれば、これらの高度にパーソナライズされたアルゴリズムを活かして、オーディエンスを増やしエンゲージメントを向上させることが可能です。

Twitter ではブランドがメッセージをプッシュ配信するだけでなく、ユーザーの声にも耳を傾けます。Twitter は非常に役立つツールなのです。Twitter ユーザーの 77% は自らのツイートにリプライがあるとブランドに対する印象が良くなると感じています。この種のやり取りは 140 文字以内に収めなければなりません。Twitter は簡潔さや即時性が売りのネットワークなのです。このような消費習慣に合ったソーシャル動画メッセージを制作しましょう。

Social video on Twitter Engagement Infographic
出典: http://sproutsocial.com/insights/twitter-video/

Twitter のソーシャル動画で説得力のあるストーリーを語る方法

ソーシャル動画は見込み客を啓蒙し、情報を簡潔に伝えるにはベストな方法ですが、そのためにはオーディエンスを知る必要があります。Twitter のユーザーはやや男性が多く、主な年齢層は 18~29 歳、次いで 30~49 歳と若めです。年齢が上がると Twitter を利用する人が減り、50~64 歳のインターネットユーザーのうち Twitter を利用しているのはわずか 13% です。65 歳以上になると、この割合は 6% まで落ち込みます。これに対してFacebook のユーザーにはファミリー層が多く、高齢者も頻繁にやり取りしています。

Twitter ユーザー構成
インターネット ユーザーの中で Twitter ユーザーが占める割合

  インターネット ユーザー
全体 23%
男性 25
女性 21
白人および非ヒスパニック 20
黒人および非ヒスパニック(n=85) 28
ヒスパニック 28
18〜29 歳 32
30〜49 歳 29
50〜64 歳 13
65 歳以上 6
高卒以下 19
大卒 23
大学院卒 27
年収 3 万ドル未満 21
3 万ドル以上 5 万ドル未満 19
5 万ドル以上 7.5万ドル未満 25
7.5 万ドル以上 26
都市部 30
郊外 21
農村部 15

出典:Pew Research Center, 2015 年 3 月 17 日~4 月 12 日

注目すべき他の視聴者層としては、Twitter のオーディエンスは教育レベルが高く、やや都会に住んでいます。Twitter に投稿する動画コンテンツの種類にもよりますが、この情報は役に立つかもしれません。

では、どんなコンテンツを制作すればいいでしょうか?いつものように、目的によって動画の活用法は異なります。プロモーションや啓蒙を目的としたコマーシャルやブランド ストーリーはうまくいくでしょう。Twitter は知名度やエンゲージメントを向上するのにぴったりだからです。忘れないでください。Twitter は最新性のパラドックスの上に成り立っていますから、ニュース ジャックやライブツイートも選択肢の一つです。

この点についてはのちほど詳しく述べます。

Twitter 用にどんな動画コンテンツを作成するか

エンゲージメントの段階では、双方向の対話を実現したいですね。説明ビデオやヒントを紹介するシリーズ、ハウツービデオのようなソーシャル動画はパーフェクトなコンテンツです。この種の動画コンテンツは友好的な善意を広げ、親密な関係を生み出します。これを実現させるには、デモンストレーションや Q&A セッション、お客様の声、カスタマーレビュー動画など、製品やサービスに特化したコンテンツの作成を検討しましょう。

この段階の動画は、あなたの会社のソリューションをアピールするだけでなく、購入後の興奮や安心、満足感を視聴者がシェアできるようにしなければなりません。Twitter のソーシャル動画はエンゲージメントとコンバージョンの間のグレーゾーンにヒットします。視聴者は貴社のサイトで貴社のコンテンツとの関わりを深め、それを体験しようとするかもしれません。こうして演出する体験は、結果として違ってきます。

「ソフト コンバージョン」では、視聴者をサイトに誘導し、自社がコントロールできるブランド体験に誘い、動画コンテンツに視聴者を楽しませるコンテンツを補います。そのためには、メールでやるように静止画像に再生ボタンを配置するという昔ながらの基準に立ち戻り、クリックを促します。

最後に、Twitter は顧客とつながり、その声を聞くための素晴らしいチャンネルでもあります。しかし、こう自問しなければなりません。「ライバルより自社を選び続けてもらうには、どんなコンテンツがいいだろうか?」

そこで、動画初心者にも、多少のリソースをリテンション キャンペーンに投じることをおすすめします。ユーザー エクスペリエンスを強化し、自社の製品やソリューションをきわめて手軽に利用できるようにしましょう。そのために、動画では関連製品に重点を置き、それらの製品を組み合わせて使う方法やさまざまなヒント、あるいは特集や新製品発表といった会社のエキサイティングなニュースを盛り込みます。

Twitter のソーシャル動画を最適化する方法

How to Optimize Twitter Video

ネイティブ ビデオをアップロード

ソーシャル動画のベストプラクティス:Facebook の動画をビジネスに活用する方法」という記事に Facebook ではネイティブ動画が人気だと書きましたが、Twitter も同じです。具体的な数字を挙げると ―― Twitter のネイティブ動画はリプライを 2.5 倍、リツイートを 2.8 倍、サードパーティー プレーヤーからの「いいね」が 1.9 倍に増えて、エンゲージメントが向上します。

Twitter のネイティブ動画には他にもメリットがあります。ネイティブ動画の中には Twitter の検索結果内で自動再生されるものもあるのです! 最近、ある航空会社とその顧客向け動画を検索したところ、同社のブランドページをクリックする前に、検索結果のトップで機内設備を紹介する動画が再生されました。

Twitter で検索結果を見つける方法はますますダイナミックになっており、検索結果のトップに表示されたキーワードと関係の深い動画も出てきます。

常に注目を集める:Facebook の自動再生用に最適化

Facebook と同じように、Twitter でもネイティブ動画は自動再生されますから、興味を引くような導入部にしなければなりません。動画の導入部を最適化しましょう。いますぐに。音声がオンでもオフでも興味を起こさせるような内容にします。

Twitter では、投稿できる動画の長さが 30 秒から 140 秒(つまり 2 分 20 秒)になりました。ちなみにパブリッシャーは 10 分まで利用できます。とはいえ、コンテンツがあふれるフィードで、ユーザーが 1 本の動画を 10 分も見続ける可能性はきわめて低いでしょう。Twitter ユーザーの 80% は 30 秒以下の動画であれば最後まで視聴するようです

コピーを上手に活用

動画の内容が分かるような言葉があれば、音を出さなくても注目を集め、視聴者をつなぎ留め、視聴してもらうことができます。動画内にテキストを入れることを検討しましょう。こうした文言は見る人の心を動かし、視覚的に興味を引きます。視聴者の中にはフィード内で自動再生をオフにできない人もいますから、動画内のコピーを最適化し、クリックを促す必要があります。関心を引き、視聴のきっかけを作りましょう。

ユニークなハッシュタグで対話を盛り上げ、コミュニティーを作ろう

Twitter の特色を活かしましょう。Twitter でソーシャル動画を活用するなら、チャットや公開された対話を促しましょう。個々のツイートにハッシュタグが付いているので、大っぴらに検索できます。私のお気に入りは Content Marketing Institute のウィークリー チャット。Twitter ではビジュアルコンテンツを利用してあなたのやり取りを目立たせることができますが、それを動画に置き換えるのも簡単です。

Twitter Timeline with Native Video

動画を投稿する際にアカウント(@ユーザーネーム)を利用すれば、インフルエンサーの注目を集める上で役立ちます。チャット内でリプライする際はソーシャル動画を素早く制作して、親しみやすくパーソナルな方法で対話を続けましょう。こんなことをやっている企業は少ないので、今なら強みになります。                                                                 

Twitter のソーシャル動画でオーディエンスに語り掛ける準備はできましたか? 動画にはもともと説得力があるので、効果抜群です。ソーシャル動画とある種のコミュニケーションを組み合わせれば、ブランドとの折衝をためらう人やアンチの気持ちも動かすことができます。Twitter ならではの簡潔で矢継ぎ早のコミュニケーションをキュレートするオーディエンスは、自分たちに語り掛けるブランドに引き寄せられ、リアルタイムのやり取りを求めているのです。