IBC 2017 / dmexco に出展しました。

IBC 2017 / dmexco に出展しました。

IBCは、オランダ アムステルダムで開催される世界最大の放送事業者向け世界2大展示会のうちの一つです。ブライトコーブ日本オフィスからは、川延(かわのべ)が参加いたしました。
(放送業者向け世界2大展示会:4月に開催されるNAB(北米が主なターゲット)、9月に開催されるIBC(ヨーロッパとその他のリージョンが主なターゲット))

川延は、今回で4回目の参加となりました。

今年参加させてもらって特に感じたことは、動画配信関係、特にOTT向け配信、視聴解析(QoE)関連企業の展示が昨年より更に増えているということです。昨年まではブースを出していなかった企業も複数ブースを出しており、この分野の成長を肌で感じることができました。

ブライトコーブのブースは打ち合わせルームを5つ、デモブースを3つご用意し、ヨーロッパを中心としたお客様だけでなく、日本からお越しいただいた多くのお客様もお迎えしました。

展示内容としては、本ブログにも記載がありますContext Aware Encodingや、Brightcove Liveサーバーサイド広告挿入 (SSAI) 等を中心にご案内しました。

また、ブライトコーブはIBCに対して動画配信の部分でもお手伝いしておりまして、公式サイトの動画配信ページは、ブライトコーブのプレイヤーで配信していただいております。IBCの雰囲気を感じていただける映像もありますので、お時間ございましたら是非ご覧くださいませ。

https://ibc.gallery.video/vod

最後に、IBC期間中は多くのパーティやチャリティーイベントがありました。

今回は、50回記念ということもありCharity Football Match (ファン・デル・サール見たかった。。。)も開催されたようですが、ブライトコーブはAWS Elementalさん主催の4K Charity Runに毎回スポンサーさせていただいていることもあり、走るのが嫌いな川延も雨の中早朝から4キロ走って参りました。

また、AWS ElementalのCEO, Sam Blackman氏が先日急逝されたこともあり、今までとは違ったMemorialな大会でした。参加者一同特別な思いを持って参加していたことと思います。

こういったイベントに参加させていただくことができるのもIBCやNABの魅力の一つと感じています。

 

dmexcoは、ドイツのケルンで開催される世界最大級のデジタルマーケティング・エキシビジョン/カンファレンスです。今年で9年目を迎え、2日間の開催で参加者は4万人、展示企業1,100社を超える規模とのことです。
川延は初めて参加させていただきました。

残念ながら9月13日(水)1日だけの滞在でしたが、会場に到着するなりそのスケール感(幕張メッセの4倍相当の大きさ?)にびっくりしました。さすが展示会大国ドイツといった感じでした。

会場滞在中は、残念ながら各ブースの展示内容をじっくりみている時間は無かったのですが、facebookやGoogleといった企業のプレゼンスが目立ち、やはりアドテク・ソリューション関連の企業の展示が多かったように感じました。
また、facebook COOのSheryl Sandbarg氏や、Twitter CEOのJack Dorsey氏といった著名な経営者も講演したこのイベントは、講演を目当てに来られている方々も多くいらっしゃるのかな?とも思いました。

ブライトコーブのブースは、ブライトコーブ ヨーロッパチーム(ロンドン拠点)が中心となって対応しており、デジタルマーケティングソリューションとメディアソリューションの両方について様々なお問い合わせに対応できるメンバーでご来場いただいた方々をお迎えしました。
ブライトコーブとしては、来年以降も出展すると思いますが、私も機会があれば是非参加して見たいと思います。