SAS がソフトウェアの人道支援活用のために動画を利用した方法

* 再生時、プレーヤー右下の Subtitles アイコンから日本語字幕(japanese cc)を表示できます

SAS は、動画を広く駆使することで見込み客や顧客に同社のソフトウェアやブランドに愛着を感じてもらい、CEO を営業の顔にすることで距離を縮め、マーケティング キャンペーンを強化しています。また、危機的な状況で SAS のソフトウェアがどんな影響を及ぼすかを示すためにも動画を活用しています。

同社は、マーケティング ソフトウェアの難題に挑戦する上でも動画を活用しています。私たちが頼りにしているソフトウェアは、商品としては目に見えません。しかし、そのメリットは実にリアル。GPS で正しい方向が分かるのも、Uber でタクシーを呼べるのも、メールを送れるのも、自撮りできるのもソフトウェアのおかげです。ソフトウェアが命を救うこともあります。

SAS は動画を活用して同ブランドを人間的なものにしていますが、その好例が国際移住機関の取り組みを紹介した動画です。国際移住機関は SAS のソフトウェアを利用して、大地震後のネパールで 200 の避難所にいる 45,000 世帯が本当に必要としているリソースを特定・確保・配分し、無数の人々の命を救いました。

SAS の動画活用術をもっと詳しく知りたい方は