PLAY 2016 の動画を公開しています ‐ 作成方法もお教えします

PLAY 2016 の動画を公開しています ‐ 作成方法もお教えします

この度、ボストンで開催された PLAY 2016 の「Blockbuster」動画 3 点とすべての個別セッションの動画をご覧いただけるようになりましたDotSub 社(英語)のご協力により、英語以外の言語をお話しになる皆様のために、Blockbuster の動画には日本語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語の字幕がつきました(プレーヤー右下 [CC] ボタンから "japanese" をご選択ください)。さらに当社のパートナーである HapYak 社(英語)が手掛けたインタラクティブな動画にもご注目ください。ぜひお楽しみいただければ幸いです。

2011 年に PLAY が初めて開催されて以来、PLAY チームは Blockbuster のライブ中継を提供し、イベント終了後にはそれらをオンデマンド動画として当社のお客様、今後の見込み客、パートナー、アナリスト向けに公開してきました。ハード面とソフト面での技術革新により、年々公開作業は容易になってきています。今年は Brightcove GalleryLive Gallery モジュールを使用して、ライブ中継やオンデマンド動画の提供を行っています。

当社のコーポレート マーケティング チームが作成した方法を、ステップごとにお教えします。技術的な専門知識は必要ありません。

ステップ 1  サイトをセットアップ

サイトの制作には、まず Live Gallery モジュールを構成する 3 種類のテンプレートをセットアップしました。それぞれイベント前、ライブ、イベント後のページに使うテンプレートです。マーケターが 1 人でカウントダウン タイマーを構成し、当社のロゴとコーポレートカラーを追加し、Twitter のフィードをオンにしました。非常に簡単です!

ステップ 2  ライブでストリーミング

PLAY 2016 というビッグイベントを前に、PLAY 2016 に参加されないお客様に電子メールを 2 通送りました。1 通目の電子メールはイベント開始の 5 日前に、2 通目はイベント当日の朝に送信しました。2 通の電子メールは押しつけがましい印象を与えることなく、イベントページのブックマークを促す良いリマインダーとなりました。

実際のライブストリーミングを担当した当社動画制作チームは、イベントが始まる数日前から何度かテストを実施しました。さらに当社のサポートスタッフに依頼し、すべての構成が正しいことを確認しました。ライブストリーミング当日の朝に最終テストを 1 回実施した後、本番のショーが始まりました。ライブストリーミングをデスクトップあるいはその他のデバイスで視聴していても、同じようにすばらしいエクスペリエンスを提供できたはずです。

ステップ 3 イベント後

PLAY 2016 が終了した今、私たちは少し落ち込んでいます。デジタルマーケターは誰でも同じだと思いますが、私たちもお客様にイベント当日に価値を提供することはもちろん、参加できなかった人や、ライブストリーミングを見逃してしまった人にも、イベント後に貴重なイベントのコンテンツをご覧いただき、その勢いを今後に向けて維持したいと思っています。当社では制作会社に依頼し、イベントのセッションすべてを撮影し、必要であればプレゼンテーション形式での編集を行いました。社内の動画制作チームは HapYak 社と協力し、Blockbuster の 3 つの動画にインタラクティブな要素を加えました。ぜひご覧ください! インタラクティブ性を与えることでどれほどの追加コンテンツへつなげることが可能になるか、お分かりいただけると思います。また、当社のグローバルチームは DotSub 社のご協力により、動画に字幕を追加しました。その結果、日本語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、および韓国語を話すお客様もイベントで最も重要な 3 つのセッションを母国語で視聴し、当社のロードマップや経営幹部の考えなどについて知っていただくことができるようになりました。

最後に、すべてのお客様や見込み客に電子メールを1通送ってイベント後ページの宣伝をしました。しかし何といっても今回最も明らかになったのは、ライブストリーミングにさらなる付加価値を付けることができたということです。ライブイベントや会議には多額の予算がかかりますし、マーケティングの予算をできる限り有効活用しなければなりません。ショーは最終日に終わる必要はないのです。

PLAY 2017 にご期待ください。