Acorn TV が OTT 会員の 400% 増を達成した方法

Acorn TV が OTT 会員の 400% 増を達成した方法

競争が厳しさを増す OTT の世界において、ブライトコーブのお客様である Acorn TV は急成長を遂げている OTT サービスの 1 つとして、その地位を確立しています。Acorn TV はニッチな SVOD サービスで、高品質かつ綿密に厳選されたイギリスのミステリーやドラマコンテンツ(名探偵ポワロ刑事フォイルなど)を提供しています。先ごろ、同サービスは有料会員が 25 万人を超えたことを発表しましたが、これは過去 2 年間で 400% 増を達成したことになります。

また、RLJ Entertainment 社の傘下に属する 3 つの会員制チャンネルの 1 つである Acorn TV は、コンシューマー・レポート(Consumer Reports)誌(英語)に掲載されたストリーミングデバイスやサービスに関する調査で、Netflix、iTunes、Vudu、HBO Now などの大手サービスを抑えて上位にランクインしています。

今回、Acorn TV の親会社である RLJ Entertainment 社の Chief Digital Officer and EVP of Operations を務める Titus Bicknell 氏にお話しを伺い、Acorn TV の成功の秘密を探りました。新たなケーススタディーでは、コンテンツの獲得とオーディエンスへの配信に対する終わりなき努力とマルチプラットフォーム デバイス戦略の組み合わせが、全体的な会員数の増加はもちろん、より若い世代のオーディエンスに浸透させる原動力になりました。これは、大手のテレビ局でなければコンテンツを配信し、収益化することは不可能だという通説を打破したいすべてのコンテンツオーナーにとって貴重な実例となっています。

Acorn TV のケーススタディーはこちら