未来志向のマーケターになるには:Marketo の Marketing Nation Summit で得た教訓

未来志向のマーケターになるには:Marketo の Marketing Nation Summit で得た教訓

先般開催された Marketo の Marketing Nation Summit には、Marketo の専門家とデジタル マーケティング分野のリーダー達が、世界中から 6,000 人以上集まりました。実践的なトレーニング、ライブ セッション、仲間との意見交換など、盛り沢山の 4 日間で、会場となったラスベガスの MGM Grand は熱気にあふれ、150 もの企業が出展していました。このイベントに参加した熱心で、先見性のあるマーケター達には、75 のセッションが用意されていました。このカンファレンスではコンテンツの経済性からパーソナライゼーション、予測マーケティング、アカウントベースド マーケティング(ABM)まで、ありとあらゆるトピックを扱っていましたが、『Tomorrow’s Marketer:未来志向のマーケター』というトレンドを至る所で垣間見ることができました。

Marketo の会長兼 CEO である Phil Fernandez 氏は、「マーケターは顧客や潜在顧客へのリーチとエンゲージメントのために、適切な技術を特定するという使命を担っています」と語りました。適切な技術の選択後、マーケターはインタラクションと行動データを精査し、検索、ソーシャル、電子メール、有料メディア等を活用したマーケティング キャンペーンとリードのホット度合いの指標を関連付ける必要があるのです。どこから手を付ければよいのかわかりませんか? 動画マーケティング、中でもマーケティング オートメーションと組み合わせた動画マーケティングによって、マーケターは顧客や潜在顧客と長期的でパーソナルな関係を確立することができます。未来志向のマーケターになるためのツールは簡単に入手できますが、マーケターの多くが、これらの技術を実際に活用する方法をまだ模索しています。

Marketing Nation Summit のスポンサー企業だったブライトコーブは、マーケティング オートメーションによって動画マーケティング戦略をすぐに開始したい、あるいは改善したいという数百人のマーケターと話をする機会がありました。多数の質問に答えましたが、特に多かった質問を以下に紹介します。

  1. 新規/既存のキャンペーンに動画を組み込むにはどうすればよいのか?
  2. 動画とマーケティング オートメーションでどのようなことができるのか?
  3. ブライトコーブのプラットフォームでは、どのようなエンゲージメント 指標と動画アナリティクスにアクセスできるのか?
  4. キャンペーンのカスタマイズのために、動画の視聴データをどのように利用すればよいのか?
  5. 動画コンテンツをどのようにパーソナライズすれば、既存顧客や潜在顧客に個別に働きかけることができるのか?

これらの質問は、「未来志向のマーケターは未来の顧客にどのように語りかけるのか?」というもう 1 つの質問につながります。私たちマーケターは、現存の高度なマーケティング技術を活用して顧客体験を最大限向上しつつ、未来に向けた顧客との関係を築くことができます。つまるところ、マーケターはカスタマージャーニー全体に影響を与えると言っても過言ではありません。。マーケティング オートメーションを動画視聴に関するインサイトと組み合わせて行動データを提供することで、マーケターをサポートすることができます。この種の情報を解釈し、それに基づき適切な行動を行うことが未来志向のマーケターの役割です。

マーケターは市場競争には欠かせない存在です。インスピレーションあふれる Marketing Nation Summit への参加したことで、未来志向のマーケター達が動画の効果を高められるようにお手伝いしたいと改めて感じました。Marketo はアカウントベースド マーケティング、マーケティング オートメーション、新しいマーケティング技術で得たアナリティクスの解釈の重要性を浮き彫りにしてくれました。顧客の全行動を左右するのはマーケターである私達です。そして動画のような強力な媒体がナビゲーターとしてサポートしてくれます。