YouTubeだけの動画マーケティングからアップグレードするタイミング:7つのサイン(Part 1)

YouTubeだけの動画マーケティングからアップグレードするタイミング:7つのサイン(Part 1)

企業が動画を使ったマーケティングを無料プラットフォームから移行するべきなのでしょうか?より洗練したアプローチに切り替えるべきタイミングを示す7つの兆候を2回に渡って紹介します。 

他の多くの企業と同様に、あなたの企業もYouTubeのおかげでオンライン動画を積極的に使うようになっているかもしれません。無料ストリーミング動画サービスであるYouTubeは、オンライン動画に革命を起こし、その結果誰でも簡単にオンラインやソーシャルネットワークで動画を共有できるようになりました。 

初の無料動画ホスティングソリューションであるYouTubeは、動画制作者への入り口として作られました。オンライン動画が始まって間もない頃、YouTubeは、動画を簡単にデジタル戦略に取り込みたいマーケティング担当者に頻繁に使われていました。その結果、現在では、オンライン動画は企業の中心的なコンテンツになっています。そしてマーケティング成果における動画の重要性が拡大するにつれ、企業動画の資産管理やホスティングプラットフォームの必要性が高まっています。またYouTubeにはいくつかの制限があるため、多くの企業がより専門的なオンライン動画プラットフォーム (以下OVP) をマーケティングプロセスの中に組み込んでいます。 

Brightcoveでは、YouTubeと企業独自のオンライン動画プラットフォームを組み合わせた配信戦略を推奨しています。このような融合的なアプローチの成功事例については、今後のこのブログで掘り下げます。今回は、YouTubeのみの戦略から本格的な動画マーケティング戦略へと成熟させるタイミングについて注目します。 

ここでは、動画戦略をYouTubeから移行すべきタイミングを示す7つの典型的な「兆候」に関してご紹介します。
 

  1. YouTubeアカウントに大量の動画をアップロードしている。また、複数の担当者で動画アーカイブにアクセスしているため、整理しきれていない。  
  • 大量の動画コンテンツを制作して、さまざまなキャンペーンなど企業内の各部署に渡ってYouTubeを使用しており、すべてのコンテンツがYouTubeチャンネルに保存されていて整理が困難なケース。 
  • 自社チャンネルにアクセスした際、動画の山に埋もれてしまい、関連する動画をグループ化したり関連動画を見つけたり、またそのためにどうやって動画を整理すればいいのか、悩んでいることが多いのではないでしょうか。
  • あなたの企業 (チームやその他制作会社など) の大勢の人が、管理者として兆候インしていませんか?YouTubeは、すべての管理者にチャンネルへの完全アクセス権を付与しているため、ルール無しに各自が動画のアップロードやタグ付けをすることができます。こんな場合は、たとえばいくつかのタイトルが消えていることがあっても、あなたには何が起こったのか把握することもできません。

OVPは、この状況を次のように改善します: 

  • 動画整理用のオプションを提供します。これにより、サイズに関係なく、動画ライブラリ全体の保存や並び替え、検索などが専用の管理画面で簡単に行えます。そしてフォルダー作成、メタタグの設定管理ができ、簡単に再生リストが作成できます。
  • 企業内の異なるグループや事業単位ごとにアカウントを作成することができます。これらのアカウントにより、企業のすべての動画資産を1つのプラットフォーム上に保存しているにもかかわらず、グループごとに動画コンテンツを管理することができるようになります。
  • 個別の管理権限により、動画に触れるユーザーに特定のアクセスや制限を決めることができます。また、チームのニーズに基づいたワークフローの作成が可能です。たとえば、プロデューサー(制作者サイド)は動画のアップロードとメタデータの入力を可能とし、ホスティング担当者(配信管理&運営サイド)は動画の表示や古くなった動画の削除を可能にするといった設定ができます。 

2. ウェブサイトで動画の視聴者へ差別化できる見せ方を提供できていない。動画プレイヤーは1つで、そのプレイヤーには「YouTube」と表示されている。 

あなたが視聴者へ与えたいものは、制作した動画コンテンツをより洗練させて見せることができるような、ビューア体験(プレイヤー)の提供ではありませんか?あなたがお使いなのは、YouTubeのロゴが表示されたプレイヤーで動く面白みにかける単体の動画です。そのプレイヤーには他社の広告が表示されることもあったり、またわざわざ見込み客を他社のコンテンツに誘導してくれます。さらには、視聴者は、動画が終わると「おすすめ動画」機能によってあなたのサイトから猫の動画を見るためにYouTubeへ移動してしまいます。 

OVPは、これを次のように解決します: 

  • さまざまな動画プレイヤーと、用途に合わせたカスタマイズオプションを提供します。プレイヤースキン (プレイヤーのルックアンドフィール)、一つの動画を再生させるためのシンプルなプレイヤー、関連再生リスト付きのプレイヤー、複数の再生リスト付きのプレイヤーなどが選べます。
  • Brightcoveのある顧客 (旅行会社) は、動画を中心とするランディングページを作成しています。そこでは綺麗な目的地の動画を扱っており、さらに旅行の概要や旅行ガイドの紹介、その他の重要な旅行詳細を含む再生リストを添えています。
  • マーケティングの間口をより広げるためにソーシャルシェアリングのボタンを追加可能です。
  • 動画の再生終了画面に内容の関連する動画 (他社のものではなく、あなたのコンテンツです!) を簡単に表示できます。これにより、あなたのサイトを見ている視聴者は、必然的に関連コンテンツに誘導されます。 

3. 動画コンテンツの入り口や動画内のリードフォーム、マイクロサイト、さらにライブストリーミングなどの動画活用ニーズを持っているにもかかわらず、ITチームやウェブ開発チームからの協力が得にくい。 

CMOに動画マーケティングの成果を上げるように要求されていませんか?でもそれは当然の要求です。マーケティングのオピニオンリーダーのブログを読めば、需要を生み出すために、ウェブサイトに引き込まれていくような、そしてインタラクティブな形で動画を使うべきだと書かれています。投資利益率を引き上げるためには、動画を再生するだけではなく、マーケティングに特化した機能の開発をウェブ開発者やITチームに依頼する必要があります。 

OVPが提供するもの: 

  • Eメールやデータ収集のためのカスタマイズ可能なフォーム、ECサイトなどでよく使われるCall to Action(商品購買や資料請求)などの一般的なリード生成オプション。
  •  動画中心の視聴体験が可能となる、さまざまなテンプレートが選べる動画ポータル。SEO対策が施されており、ウェブ開発者やITがいなくても使用可能です。
  • 顧客や見込み客と双方向のやり取りを可能にするインタラクティブな環境。
  • 簡単なライブストリーミングを提供するOVPもあります。このような体験を提供するのは当社だけです。当社はこれを製品としてリリースする予定です。また当社は、Gallery Live(Liveイベント専用のテンプレート)の提供を開始しました。これによりすばやくLiveイベント前、イベント中、イベント後の動画視聴ページを簡単に作成することが可能です。

効果的な動画マーケティング戦略に関心のある方は、単にYouTubeに動画を置くだけのマーケティングは過去のものだということに気付くでしょう。もしくは気付いているのにどのように自社のマーケティングに動画を活用していくべきか悩んでいる方もいるでしょう。今こそ新しいソリューションに目を向ける時です。各企業に合ったより効果的な方法で、動画への投資を最大化し、セールスサイクルを早める機会を提供するソリューションに目を向ける時なのです。オンライン動画プラットフォームへと移行する時なのです。