ChromeがFlashの使用を停止: 次世代HTML5プレイヤーへ移行する時代の到来

ChromeがFlashの使用を停止: 次世代HTML5プレイヤーへ移行する時代の到来

Googleが新しいChromeデスクトップブラウザーでのFlashコンテンツの表示方法を変更し、現在では広告やメインページ周辺に配置されるFlashベースコンテンツを停止しています。動画に関しては、400x300ピクセル未満の動画は自動で再生されず、ユーザーが自分でクリックして再生する必要があるのが現状です。

Flashの衰退を加速

ウェブ技術の積み重ねにおいて、この業界は長らくFlashプラットフォームに依存してきましたが、Googleのこの行動は依存からの脱却を加速させる新たな一歩となるでしょう。Flashの衰退は2010年から始まっていました。この年、AppleがiPhoneでFlashをサポートしないことを発表したのです。この時から、AppleやGoogle、そしてその他の企業が、Flashのセキュリティ面のリスク、CPU消費、バッテリー消費、そしてウェブシステムにおいて取り除くべき「閉じた」部分を当然のように指摘してきました。モバイル機器はすでにFlashを排除し、デスクトップブラウザーでも徐々にAdobe技術の使用が困難になりつつあります。AppleのSafariには現在、新しいChromeブラウザーと同様の節電モードが存在しますが、さらに数週間前には、FirefoxがAdobeからのセキュリティ修正版がリリースされるまでFlashを無効としました。ChromeもまたFlashを制限している状況で、Chromeや他のブラウザーには他の技術が使用されるようです。

BrightcoveがHTML5プレイヤーの新世代を担う

この展開を予測して、BrightcoveはHTML5プラットフォームで新世代のプレイヤーを開発していました。Flashに頼らず、頑強かつあらゆる機能を搭載する動画再生プレイヤーです。Brightcove PlayerはHTML5を使用し、特にFlashが無効な環境や使用できない環境で動作することを狙いとして設計され、MP4動画の再生や、コントロールの描画、プラグインの読み込み、解析システムへのイベント送信などにFlashを必要としません。Brightcove Playerは、モバイルとデスクトップブラウザーの両方の環境で、同等に高品質な動画再生を可能とします。応答が速く、CSSでスタイルを書くことができ、どのようなブラウザ上でもJavaScript APIと全く同じプラグインやイベントが使用することができます。

Brightcove PlayerはFlashを必要としませんが、一方でレガシーFlashコンテンツのサポートにも対応しています。必要に応じてFlashを使用するための2つの選択肢を提供しているからです。1つ目の選択肢として、VPAID標準を使用してFlashベース広告を表示することが考えられますが、これはまだ広告コンテンツのフォーマットとして広く使用されているものです。2つ目の選択肢としては、HTTP Live Streaming (HLS) 動画を再生できないプラットフォーム上でHLS動画をサポートしています (AppleのSafariとMicrosoftのEdgeは、どちらもネイティブレベルでHLS動画に対応している)。Brightcoveは現在、HLSの再生にFlashランタイムを使用していますが、これは長くは続かないでしょう。Chrome用として今月末にリリースするHLSプレイヤーの新バージョンでは、Flashを使用する代わりにChromeの新しいMedia Source Extensions (MSE) APIを使用します (当社はこれを暗号化MPEG-DASHコンテンツの再生ですでにサポートしている)。この変更により、新しいBrightcove Playerは、全ての機能を備えた唯一主流の商用動画プレイヤーとなることになります。HLS再生や広告統合も可能なピュアHTML5プレイヤーです。

Brightcove Playerが広告主に選択肢を提供する

標準的なHTML5配信があらゆる動画コンテンツの未来を担うように、動画ベースのプリロール広告やミッドロール広告の未来も担うことになると当社は信じています。例えば、AmazonがFlashベース広告を今後受け入れないことを発表しており、他の多くの企業も確実にこれに続くことでしょう。現在の動画広告コンテンツの半数以上は、Flashを使用して表示していると言われています。この数が意味するのは、Flashの廃止によって広告のフィルレートや適切な広告ターゲティングに負の影響を与え得るということですが、これは広告主のCPM支払いを低下させる結果になるでしょう。そのため、現在でもFlashベース広告の再生を継続することは、広告主にとっての価値およびインセンティブになることもあります。

Brightcove Playerは、広告主にFlashベース広告を使うかどうかの選択肢を提供します。新しいBrightcove Playerでは、DoubleClick IMAおよびFreeWheel広告プラグインを使用することで上述の選択が簡単に設定することができます。現在では、広告サーバーから配信される広告の大半がFlashを使用しているため、Flashはまだデスクトップ広告の標準と言えますが、この均衡が崩れるため、我々はプレイヤーの標準を変えることになるのです。

今こそまさに移行の時

Chromeでの変化が些細なことに思える人もいるでしょう。しかし間違ってはいけません。これはFlashを引退に追い込むステップでもあるのです。Brightcove Playerは、(JavaScriptやCSSのように) Flashに置き換わるネイティブブラウザ技術を使用するために一から設計されています。そして動画の再生に最新のHTML5標準を使用するものです。Brightcoveは、ピュアHTML5 HLSの実装や広告でのFlashの無効化、そしてHTML5の使用において最先端を行く企業なのです。 ぜひお試しください。

Video Cloudの30日間無料トライアルに今すぐお申込を!