実店舗のエクスペリエンスのままではだめ ― オンラインではもっと快適に

実店舗のエクスペリエンスのままではだめ ― オンラインではもっと快適に

数年前までは、Web ルーミングやショールーミングという言葉を使っても、困惑の表情で一瞥されるだけでした。ところがオンライン リテールが爆発的に普及したため、このような新語が次々と誕生し、あっという間に一般的になりました。クリスマスや年末年始の前には、この 2 つの言葉は年末商戦にしのぎを削る小売業者の判断を左右する存在になっています。

Deloitte が毎年発表している年末商戦に関する調査によると、Web ルーミング(オンラインで商品を調べて実店舗で購入)がショールーミング(実店舗で商品を確認してオンラインで購入)をしのいでいることがわかりました。したがってすべての小売業者は、オンラインストアで可能な限り訴求効果の高い方法で商品に関する詳細な情報を提供するだけでなく、最適なカスタマー エクスペリエンスも提供する必要があります。

この調査によると、インターネット(オークションサイトを含む)が年末年始のショッピング場所として最も人気が高く、45%の人がオンラインショッピングを予定していました。また 69% の買い物客が「Web ルーミング」を行う可能性が非常に高い、またはある程度高いと回答しており、49% の買い物客はショールーミングの可能性が非常に高い、またはある程度高いという結果が出ています。

動画の使用が、商品情報の提供やオンライン売上の増加に効果的だということがわかっています。ではもう 1 つの要件、カスタマー エクスペリエンスについてはどうでしょう。まず、Deloitte の調査で実店舗内でのショッピング エクスペリエンスで嫌いな点としてどういった内容が挙げられているのかを調査しました。

すると実店舗に足を運びたくない第 1 の理由が、時間的な制約であることがすぐにわかりました。レジに並ぶ長蛇の列、店にたどり着くまでの交通渋滞、時間がかかるレジでの精算、店舗までの距離が遠い、といった要因は、いずれも消費者にとって時間の無駄、または非効率な時間の使い方につながります。消費者は迅速なサービスを求めています。これに応えるため、Web サイトで迅速なエクスペリエンスを提供するには、あらゆるデバイスで機能すること、そして動画をはじめとするすべての情報を高速に読み込めることが不可欠です。すぐに商品情報を確認したいと思っているのに、動画で待機中というメッセージが表れてしまったのでは、潜在顧客を瞬時に失うことになります。

マーケティングに動画を取り入れるという賢明な選択をしたとしても、あらゆる OS やデバイスで機能しない低速なプレーヤーで動画を提供してしまうと、せっかくの手間が無駄になり、売上機会も逸失してしまう可能性があります。消費者が実店舗ではなく Web サイトのほうで買い物をしようとしたそもそもの理由は「時間の無駄遣いを避けたい」ということでした。しかしこの期待に応えられないのです。

あらゆるデバイスで機能する高速なプレーヤーを備えた動画プラットフォームを活用することで、小売業者はオンライン プレゼンスを強化し、実店舗でのエクスペリエンスをしのぐことができます。Video Marketing Suite は、Webサイトを訪問している人がどこにいても、マーケティングやコンバージョンに必要なすべてのツールを提供します。詳細は Web サイトをご覧になるか、ブライトコーブまでお問い合わせください