2014 年のクリスマス商戦:時代は実店舗から Web サイトへ

2014 年のクリスマス商戦:時代は実店舗から Web サイトへ

アメリカでは、10月下旬にモールを訪れた人は、すでにクリスマスツリーや照明を目にしたことでしょう。その頃からクリスマス商戦は始まっています。クリスマスプレゼントの買い物は感謝祭の料理を食べ終えてから、という人もいますが、早めに買い物を済ませたいという人が増えています。ただし、これまでのように店舗には行かずに、インターネットで買い物をする人が増えています。

今年、小売店のクリスマス時期の売上は 8,630 億ドルに達する見込みです。これは膨大な金額でどの企業もシェア獲得を狙っていますが、売上を最大化するための方法は、数年前とは大きく異なっています。クリスマスソングで賑わうセール会場で、営業スタッフの助けを借りて買い物をする買い物客は減っています。今や、企業は Web サイトやオンラインツールで買い物客を魅了・獲得し、売上を達成しなければなりません。

競争がますます激化している市場では、これは非常に難しいことです。消費者は毎日、大々的なセールや 3 時間限定のスペシャル企画を知らせる e メール、ツイート、Facebook での広告を多数目にしています。ではこのような雑音の中で、消費者に訴えかけるにはどうすればよいのでしょうか。一言でいうと、Web サイトとモバイル プレゼンスで成功するための環境作りが必要です。

Deloitte の予測では、クリスマス期間の売上の 50% が、デジタル インタラクション(オンライン閲覧)によって何らかの影響を受ける見込みです。また、11 月までにモバイルがサイトでの売上の 20% 以上、サイト トラフィックの 43% 以上に達する予定です。消費者が御社の Web ページを訪問する場合、1) あらゆるデバイスからシームレスにアクセスでき、2) すぐにエンゲージメントが可能な状態になる必要があります。

Web サイトを訪問した消費者に対して、すぐに最適なオンライン エクスペリエンスを提供する必要がありますが、それを行ってくれるのが動画なのです。売上増から顧客のエンゲージメント促進まで、動画であらゆることが可能になります。動画は最も信頼できるブランド ソースと考えられているだけでなく、製品の動画を観た人が製品を購入する確率は、動画を観ない人よりも 85% 購入確率が高いことがわかっています。動画によって消費者は、購入予定の製品のあらゆる側面をよりよく理解することができます。デモ、他の顧客のコメント、360 度の表示など、動画は消費者の安心感を高め、購入判断を後押しします。

動画は小売業者にとって獲得が難しいといわれているモバイル ユーザーとミレニアル世代への訴求効果が特に高い点も見逃せません。消費者の 40% 近くが、動画によってモバイル デバイスでの購入の可能性が高まると回答しており、18 ~ 34 歳の人は他の年齢層と比べると、動画でブランドを選択する可能性が倍高いことがわかっています。

マーケティングに動画を採用した企業は、今後 2 か月の間に多くの収穫が期待でき、多数の顧客を獲得することができます。詳細は、動画によるビジネス推進に関する以下の動画をご覧いただくか、下記の記事を 2015 年に向けてのコンテンツ マーケティングのご参考にしてください。