調査結果:B2B マーケターはコンテンツで認知度とコンバージョンを促進したい

調査結果:B2B マーケターはコンテンツで認知度とコンバージョンを促進したい

Brightcove は Content Marketing Institute(CMI)および MarketingProfs と再びタッグを組んで、北米における 1,800 名以上の B2B マーケターに対して包括的な調査を実施し、彼らがマーケティングミックスにおいて如何にコンテンツを活用し、何を課題や戦略としているのかについて調べました。その結果が発表され、B2B マーケターは特にエンゲージメントとコンバージョンについて、コンテンツがより大きな結果をもたらすことを求めていることが分かりました。

この『B2B コンテンツマーケティング:2015 年のベンチマーク、予算、トレンド』によれば、B2B マーケターの 69% はよりエンゲージメントの高い、高品質なコンテンツを作成することを最優先しており、次いで Web サイトのコンバージョンの向上を重視しているのが 63% でした。マーケターにとってエンゲージメントの高いコンテンツの作成が例年最大の課題となっており、彼らが戦略として注力し始めていることは有望な一歩です。

これらの課題は多くのマーケターにとって頭の痛い話ですが、動画にはこれらの課題を解決する力があることを私たちは知っています。今回の調査によれば、マーケターもその効果を理解し始めているようです。その証拠に、動画を戦術のひとつとして採用するマーケターが 2013 年 の 70% から、2015 年にかけては 76% に伸びています。マーケターが戦術的なコンテンツマーケティングから戦略的なコンテンツマーケティングへとシフトするにつれ、動画は彼らにとって第一の選択となるであろうと私達は予測します。

調査では他にもさまざまな興味深い事実を集めており、その一部を下記のインフォグラフィックにまとめています。例を挙げると、B2B マーケターの 86% がコンテンツマーケティングを利用しているにもかかわらず、うち 38% しか効果を感じていません。さらに、大多数(83%)は戦略を持っていますが、それをドキュメント化しているのは 35% のみでした。そのドキュメント化した戦略を持つ 35% は、していないマーケターに比べて、コンテンツマーケティングにおけるあらゆる側面においてより効果を生んでいます。

詳しくは実際の調査レポート(英語)でご覧いただけます。

B2B コンテンツマーケティング:2015 年のベンチマーク、予算、トレンド