統計データ:セカンドスクリーンで初めて World Cup™ を放映し、EVS をサポートした Brightcove Zencoder

統計データ:セカンドスクリーンで初めて World Cup™ を放映し、EVS をサポートした Brightcove Zencoder

今年の夏、世界中のスポーツ ファンが 2014 World Cup Brazil™ に熱狂しました。ほとんどの人は実際にブラジルに行くことはできませんが、試合を自宅で(あるいはオフィスで)視聴し、セカンド スクリーンで無料コンテンツを楽しむことができました。

今年は、コンピューターやインターネット接続デバイスで応援している視聴者に対して、複数のカメラアングルで試合をリアルタイムに観ることができる新しい機能が提供されました。遠く離れた視聴者にこのようなマルチスクリーンでのアクション レビューと、セカンドスクリーンでの多種多様なコンテンツを提供するため、ライブ動画制作システムのグローバル プロバイダーである EVS は、Brightcove Zencoder クラウドベース エンコーディング サービスを使用して、C-Cast コンテンツ デリバリー ソリューション用のトランスコーディングを行いました。C-Cast はマルチメディア配信プラットフォームで、放送局はライブイベント中に Web やモバイル デバイス上で無料コンテンツを視聴者に瞬時に配信することができます。2014 FIFA World Cup の放送とインタラクティブ サービスのメイン プロバイダである Host Broadcasting Services(HBS)は、セカンド スクリーンでのエクスペリエンス提供のために、C-Cast の実装と統合を管理しました。

EVS のマーケティング担当 SVP である Nicolas Bourdon 氏は次のように語っています。「放送局がセカンドスクリーンで複数のカメラの動き、ハイライトのブラウジングやレビュー、スタッツ関連のコンテンツとプレーヤー、チームやパーソナリティーに関する情報を放送できるようにすることで、セカンドスクリーン コンテンツのレベルを向上しました。これによって自宅での視聴エクスペリエンスが大幅に向上し、統計的にも視聴者がこのような World Cup 視聴方法を好んでいることがわかりました。」

膨大な数の World Cup の視聴者に、高性能な視聴エクスペリエンスを提供することは決して容易なことではありません。セカンドスクリーンでの World Cup の動画配信規模について、Zencoder で直接収集したスタッツを以下に示します。