新しい Analytics モジュール

新しい Analytics モジュール

Video Cloud Studio の新しい Analytics モジュールが 10 月にリリースされています。ベータ期間中にお客様から得たフィードバックに基づき、いくつかの点を修正しました。Video Cloud Studio に含まれている Analytics モジュールによって、以下を含むさまざまな情報が表示できるようになりました。

  • プレーヤーのロード
  • 動画のインプレッション
  • 動画視聴回数
  • サイトのリファレンス回数
  • デバイスタイプと OS
  • 位置情報
  • 視聴分数
  • エンゲージメント
  • 組み込まれたドメイン
  • ブラウザー
  • 検索条件
  • デスティネーション

デスティネーションは Analytics ソリューションに新たに追加された機能で、Video Cloud ユーザーは動画の再生先である Web サイト ドメインを確認することができます。これによってお客様は、動画コンテンツを使ったユーザー エンゲージメントに最も効果的な Web サイトを理解することができます。

これらすべてのメトリクスは、アカウントの概要、パフォーマンス、エンゲージメント、利用状況を含む一連のレポートに表示されます。たとえば、エンゲージメント レポートでは、動画による長期的なエンゲージメント状況を確認できます。



レポートは XLS または CSV フォーマットにエクスポートすることができます。

詳細な情報に基づく意思決定を行うためにはデータが何よりも重要です。インサイトが豊富な詳細情報をレポートにして提供することで、ユーザーが最適なコンテンツを識別し、視聴者の挙動を理解しやすくなりました。

また、Analytics モジュールのベータ リリースのテストに参加していただいたすべての人々に、この場を借りてお礼を申し上げます。今回は Video Cloud Studio の新しい Analytics モジュールのリリースですが、今後数か月の間に追加の更新も多数予定しています。チームは開発者が同じ解析データでカスタム ソリューションを作成できるように、引き続き Analytics API の作業も進めています。

Video Cloud Analytics モジュールと API に関するフィードバックは引き続き募集しておりますので、以下にコメントを残して、現在または将来的な利用方法をお知らせください。

詳細は「よくある質問: Analytics モジュール」をご覧ください:http://support.brightcove.com/ja/video-cloud/サポートドキュメント/よくある質問-analytics-モジュール