Content Marketing World

Content Marketing World

毎年この時期に、オハイオ州クリーブランドで開催される Content Marketing World に世界中から数千人のマーケターが集まります。地球上で最も大規模な(そして急拡大している)このコンテンツ マーケティング イベントには、マーケティングの世界で最も権威あるソートリーダーの皆さんが登場します。

イベントで講演する企業名を見ただけでも、EMC、Ford、Motorola を始めとする名だたるブランドから多くのお客様に参加いただけることを大変光栄に思い、感銘を覚えずにはいられません。

このイベントと同じ位素晴らしく、感激するのが、市場で今まさにコンテンツ マーケティングの爆発的な拡大という大規模な変化が発生しているという事実です。ブライトコーブでは長年、各企業がパブリッシャーだと述べてきました。そしてこの現実がマーケティングの役割を完全に変えてしまいました。次のような画期的な変化について考えてみてください。

1 つ目は、コンテンツ マーケティングの重視によって、マーケターにとっては、視聴者をよりよく理解し、有意義でインサイトにあふれたコンテンツを提供するための基準が高くなりました。今までもそうだったという人がいるかもしれませんが、ほとんどの購買エクスペリエンスが店舗や営業担当者中心だった時代には、素晴らしいコンテンツは「あれば喜ばれる」程度のおまけ的存在で、マーケターは優れた営業スキルやプロモーションに頼っていました。

2 番目はコンテンツ マーケティングの拡大により、バイヤー ジャーニー(購買者の購買行動の流れ)に大きな関心が集まるようになりました。優れたコンテンツを適切なタイミングで提供する必要性(このトピックに関する最近の記事を参照)から、マーケターは顧客の立場に立って、購買行動の流れの中で顧客が抱える問題点、意思決定プロセス、利害関係者、疑問をよく理解しなければならなくなりました。

3 番目は、コンテンツ マーケティングの拡大に伴い、各マーケティング組織のチームやツールが大きく変化しています。Content Marketing Institute が実施した初期の調査レポートでも、コンテンツ マーケティング分野で最も成長が著しいものの 1 つが動画でした。様々なコンテンツ マーケティング形態の中で、コンバージョンとエンゲージメントの向上に最も効果があるのが動画だという調査結果を多数目にしてきたブライトコーブにとっては当然ともいえる内容です。