動画がビジネスを動かす:ダイレクト e メールの効果を高め、オプトアウトを減少

動画がビジネスを動かす:ダイレクト e メールの効果を高め、オプトアウトを減少

ダイレクト e メール マーケティングというのは難しいビジネスです。望まれないメッセージを、都合の悪いタイミングで送りつけてしまうことがあるので、好意的な反応が得られる可能性は高くありません。果たして受け取った側に価値を見出してもらえることがあるのか ― その答えは Yes です。

詳細なテスト結果では、e メールに何らかの動きを付けることで効果が得られることがわかっています。簡単なアニメーションでも、エンゲージメントとコンバージョンが増加することがわかっています。高品質の動画プラットフォームならさらに効果は高まります。e メールキャンペーンで動画を使用している企業に対するある調査では、55% がクリックスルー率の向上、44% がエンゲージメント時間の伸び、41% が共有や転送の増加が見られたと報告しています

ダイレクト e メールに動画を追加することで、オプトアウトされる可能性も低くなるため、次回のキャンペーン情報を受け取ってもらえるという点も重要です。ある企業の調査では、e メールでのキャンペーン紹介に動画を含むことで、加入者によるオプトアウト(メール送信拒否)がなんと 75% も減少しました。オンライン動画が好きな人がいるだけでなく、嫌いな人がいないというのは、潜在的な顧客の取り込みには重要です。

このような調査結果によって、動画はダイレクト e メール戦略の中心に位置付けられています。ある調査で、2013 年にはマーケターの 60% が e メールマーケティングに動画を使用したことがわかりました(前年から 8% の増加)。現在この方法を採用しているかどうかに関係なく、マーケティング担当者の大多数 —82%— が動画と e メールマーティングの組み合わせが効果的だと回答しています。こういったコンセンサスからすると、逆に動画のないダイレクト e メールは、今後消費者の受信ボックスに残る可能性が低くなるでしょう。

詳細は Aberdeen Research による最新の調査結果をご覧ください。また、こちらからお問い合わせください。