動画がビジネスを動かす:オンライン売上の増加

動画がビジネスを動かす:オンライン売上の増加

動画ほど商品の動きを活発にするものはありません。広告からオンライン購入まで、動画によって製品の情報と魅力を伝え、消費者に安心して購入してもらうことができます。オンライン動画を観る人は、観ない人よりも 1.8 倍以上購入確率が高いのはこのためです。動画を活用している小売業者は、売上を 40% 伸ばしています

オンライン動画は確かにテレビよりも効果的で、ある調査によると衣料品購入者の 34% がオンライン動画広告で観た後に商品を購入していることがわかっています。これに対してテレビ広告の場合は 16% でした。オンラインでも店舗内でも、動画は人々の購買意欲を駆り立てるようです。同じ調査では、オンライン動画を視聴した結果、10 人のうち 4 人がオンライン ストアか実店舗を訪れたと回答しています。

動画は小売業者にとって獲得が難しいといわれているモバイルユーザとミレニアル世代への訴求効果が特に高い点も見逃せません。消費者の 40% 近くが、動画によってモバイルデバイスでの購入の可能性が高まると回答しており、18 ~ 34 歳の人は他の年齢グループよりも動画でブランドを選択する可能性が倍高いことがわかっています。

消費者はオンライン動画を購買時の判断に使用することが増えています。ある調査では、消費者の 3 分の 1 以上が、過去 3 か月の間に商品の動画を 5 本以上視聴したことがわかりました。情報満載の動画の場合、消費者の 66% が 2 回以上しており、情報源としての動画の価値が明確になっています。

情報が多いほど、顧客は安心して購入することができます。そのため、商品の動画を観ている消費者の 52% が、自信を持って購入の判断ができると回答しています。適切な選択を行える可能性が高いので、満足度が高くなり、商品の返品率も下がります。つまり顧客満足度は上がり、返品処理の手間やコストは軽減できるのです。

つまるところ商品を売って、お客様に喜んでいただけることが企業の最終目的なのです。オンライン動画はその両方を実現してくれます。

詳細は Aberdeen Research による最新の調査結果をご覧ください。また、こちらからお問い合わせください。