動画がビジネスを動かす:ブランドマーケターの意識改革

動画がビジネスを動かす:ブランドマーケターの意識改革

ブランドマーケターはオンライン動画を新たな角度から捉えています。単に閲覧してもらうのでなく、モバイルのエンゲージメントやコンバージョン、購買力など本当に重要な指標に大きな変化をもたらすことが動画の真の戦略的価値であることを、マーケターは一段と認識するようになっています。

身近な例を1つ紹介します。Google AdWords に 10 万ドルつぎ込むとしましょう。皆さんのランディングページにアクセスする閲覧者のコンバージョン率は約 0.02% です。悪くはないですが、もっと伸ばせます。ランディングページの表現やデザインに手を加えることで、コンバージョン率はわずかに上がります。ただ、驚くべきような結果になることは極めてまれです。それではこのランディングページに動画を追加してみましょう。なんとコンバージョン率が倍増するという調査結果が出ています。つまり AdWords への投資効果が倍増し、同じ投資額で 2 倍のお客様の行動を変えられるのです。この方が確実に良いですよね。

これと同様のアプローチは、有料調査からダイレクトメール、モバイルのエンゲージメントまで、あらゆる種類のマーケティング・プログラムに適用できます。コンテンツの価値が高まるほど、パフォーマンスも高まります。そして消費者に最も高い価値をもたらすコンテンツ形式は動画なのです。各ブランドはすでに認知度や共感度といったソフト面での指標のみならず、実際の収益への寄与という点においても、オンライン動画のメリットを大いに享受しています。重要なのは、動画を単なるコンテンツ資産の 1 つと捉えるのをやめて、マーケティング・プログラムに拍車をかける加速器として活用することです。動画は他のマーケティング・プログラムとの相乗効果をもたらし、トータルのマーケティング ROI を効果的に高める役割を果たします。

本ブログで「動画がビジネスを動かす(Video Moves Business)」をテーマにした投稿をシリーズで展開し、マーケターの目標達成支援やマーケティング ROI の向上に動画がどう役立っているのかを数多く検討していきます。動画の活用に関する最新のデータや成功事例を学ぶことで、次のことが可能となります。

  • 視聴者のサイト滞留時間の延長
  • モバイルでの消費者エンゲージメントの向上
  • ランディングページでのコンバージョン率のアップ
  • ダイレクトメールの登録者数の増加とオプトアウトメールの削減
  • 消費者の購入数の増大と不用品・返品の削減

ブライトコーブではオンライン動画の威力を強く信じていますが、皆さんのなかには疑問を抱いている方もいると思います。「動画がビジネスを動かす」シリーズでは、調査結果や成功事例をもとにオンライン動画の優位性を紹介してまいります。このシリーズをご覧になることで、オンライン動画がどのように皆さんのビジネス成長に貢献できるのかご理解いただけると信じています。

引き続きお楽しみに!