動画がビジネスを動かす:サイトの滞在時間を延ばす

動画がビジネスを動かす:サイトの滞在時間を延ばす

身近に様々な誘惑や他の娯楽があるなか、お客様に自社サイトを訪問してもらう難しさは格段に増しています。ましてやサイトに居続けてもらうのはさらに困難です。ただ動画は滞留時間を延ばす最適な方法の 1 つで、ウェブサイトに動画を組み込むと平均閲覧時間は 88% 延びます。滞留時間が延びれば、双方向のコミュニケーションにつながり、ブランドを覚えてもらえる可能性が高まります。さらにウェブサイトを記憶にとどめて、再度訪問してもらいやすくもなるでしょう。オンラインのあらゆる側面がうまく機能し、ROI の向上やインパクトの拡大につながるチャンスが増えます。

サイトでの滞留時間を延ばすのに動画が極めて効果的だということは驚くに値しません。オンライン動画の人気は過去数年で飛躍的に高まり、今ではほぼ万人に浸透しています。動画を視聴あるいはダウンロードした成年層の割合は、2009 年には 69% でしたが、2013 年には 78% まで増えました。またオンライン動画を視聴した米国人の割合は 2014 年 1 月だけで、全体の 85.1% に達しました。

今、コンテンツマーケティングで成功しているブランドは、ウェブサイト上でインパクトのある動画をうまく創り出しています。従来のメディアとブランドが創り出すエンターテインメントの境界があいまいになる中、消費者は Old Spice のムキムキマンや「The Most Interesting Man in the World」と、最新のハリウッド・ヒーローに対して同じような共感を抱く可能性もあります。また彼らは、有益な情報を求めてブランドや B to B 企業を一段と頼りにするようになってきています。具体的には、自分たちが買う商品やサービスに関するより詳細な情報、自社のプロジェクトの質をアップする情報、長年求められてきたニーズに応える新たなイノベーションに関する情報などです。

お客様の時間と関心をもっと効果的に獲得したいとお考えでしたら、人々が好感を抱くような充実した動画エクスペリエンスを用意しましょう。皆さんのウェブサイトがブランドとビジネスに大きなプラスの影響をもたらすことでしょう。

この件に関する詳細は Aberdeen Research の最近の調査結果をご覧ください。また、弊社へのお問い合わせはこちらからお寄せください。