comScore: 2014 年 1 月 Video Metrix 調査レポート分析

comScore: 2014 年 1 月 Video Metrix 調査レポート分析

オンライン上でのプレミアムな動画コンテンツの提供が加速され、消費者もあらゆるスクリーン上で動画視聴を楽しむようになるなか、パブリッシャーと広告主は TV と同等の高品質動画の視聴エクスペリエンスを消費者に提供することの重要性を広く認識し始めています。オンライン上の動画サイトに関する包括的な調査である comScore の Video Metrix の最新データによると、今年 1 月には 1 億 8,380 万の米国人が 487 億に上るオンライン動画コンテンツを視聴し、動画広告の視聴も 269 億回を突破しました。この数字はモバイル動画の需要がこれまでになく高まっていることを示しています。

大手メディア企業は今、IP 接続されたあらゆるデバイス上でプレミアムな動画コンテンツを配信・マネタイズする新手法への対応を加速させています。これらの取り組みを背景にブライトコーブでは、オンライン動画視聴により大きな成長機会があると考えています。これはオンライン動画視聴に関する急激な数字の伸びを見れば明らかです。2014 年 1 月の動画視聴数は前年同期に比べて 1,250 万件増え、動画広告の視聴回数も 178 億回もアップしました。

米国の 2014 年 1 月のオンライン動画視聴者数では、YouTube を擁する Google サイトがユニーク視聴者数 1 億 5,760 万人を記録しトップに立ちました。Facebook と AOL が続き、ユニーク視聴者数はそれぞれ 8,490 万人、6,060 万人でした。全米の消費者の視聴習慣は現在、「プライムタイム」から「いつでも」に移行しています。ブライトコーブでは世界中のあらゆるモバイルデバイスに収益力のある高品質の動画コンテンツを配信し、消費者とコンテンツ オーナーのニーズにともに応える支援を手がけることで、パブリッシャーにオンライン動画による収益化の機会を提供しています。Brightcove Once を通じて、消費者がセカンドスクリーンで希望する動画をいつでも視聴できるようにしつつ、同時に各ステージでの広告効果を大幅に高めることで、マルチスクリーン環境におけるパブリッシャーの収益の最大化を支援しています。

最新の米国オンライン動画ランキング調査によると、オンライン動画分野における最大の成功は動画広告の視聴件数で、わずか 12 か月間で 195.6% の伸びを示しました。トップは SpotXchange Video Ad Marketplace で、上位 10 社において 1 月に視聴された 269 億件の動画広告のうち、35 億件が SpotXchange によるものでした。1 月の動画広告視聴時間は合計で 100 億分に達しており、配信されたプレ・ミッド・ポストロール広告の数の多さに驚きを隠せません。

またこの 1 月におけるオンライン動画広告の月間平均視聴回数は 165 回で、全米の人口リーチ率は 52.6% に達しました。前年 1 月にはわずか 58 回でしたので、視聴頻度もこの 1 年で飛躍的な伸びを見せました。

1 月の comScore レポートでは、Brightcove Once の必要性を裏付けるデータが示されました。

  • オンライン動画を視聴した米国のインターネット利用者は全体の 85.1%
  • オンライン動画コンテンツの平均時間は 4.4 分、オンライン動画広告の平均時間は 0.4 分
  • 視聴された全動画に占める動画広告の割合は件数で 35.6%、時間では 4.5%

オンライン動画視聴が着実な進歩を続けているのは明らかです。消費者の目が、そして広告主のマーケティング予算もセカンドスクリーンに移行するなか、ブライトコーブではオンライン動画市場のさらなる成長を確信しています。

Brightcove Once に関する詳細はこちらにお問い合わせください