【動画】メディア リーダーが 2014 年の動画におけるタイムリーなコンテンツと機会について語る

【動画】メディア リーダーが 2014 年の動画におけるタイムリーなコンテンツと機会について語る

先日、私たちはニューヨーク市でメディアのお客様やパートナーと共にすばらしい朝食会を開催しました。動画コンテンツのパフォーマンスを最大化する方法に関するパネル ディスカッションや、ブライトコーブのメディア担当 CTO、Albert Lai によるケーススタディ主導のベスト プラクティスを紹介するセッションを実施しました。

パネル ディスカッションでは、CBS、Twitter、The Weather Channel、FreeWheel が今年の放送局におけるチャンス、そして動画イニシアティブのパフォーマンスを測定する方法について話し合いました。測定方法は複数のデバイスにわたる広告、ユーザー エクスペリエンス、リーチ、エンゲージメントに関係するからです。彼らの考えは、来場した多くのブライトコーブのお客様と共鳴しているようでした。お客様の一部からはセッションの後、動画にて 2014 年の自身の注目領域を投稿していただいています。

パネル ディスカッションでかなり注目を集めたテーマの 1 つは、「タイムリーなコンテンツ」と視聴者数を急増させ収益化する方法についてでした。CBSi の配信・運用担当VP である Domenico DiMeglio 氏および The Weather Channel の番組担当VP の Jeremy Hlavacek 氏はそれぞれ、このタイプのコンテンツであるスポーツや気象速報についてパブリッシャーに説明しました。彼らは、Twitter Amplify のシニア マネージャー Mike Park 氏が「非常に人気のアセット」と呼ぶこれたのコンテンツを正しい時点で活用するために、技術、プラットフォーム、および収益化の各パートナーと連携する方法について話し合いました。

Park 氏はテレビ エコシステムにおける配信パートナーとしてのTwitter の役割が大きくなっていることを聴衆に伝え、「Twitter やそこで爆発的に増加する会話に関して言えば、特にテレビで番組を放映中に保持している権利は非常に貴重な権利だ。」と述べました。彼は参加している動画パブリッシャーに Amplify プログラムについて、単に「スポンサーが援助し、会話に挿入されるタイムリーなコンテンツ」であると説明しました。

DiMeglio 氏は、CBS は Amplify を採用しており、それは「既存のコンテンツを拡張し、広告主にさらなる価値を追加する」と述べています。このコンセプトを Twitter 上で実行した例として、CBS が「60 Minutes」(ニュースショー)用に制作した 60 秒の要約動画「60 in 60」を挙げました。これは収益、番組のマーケティング、そして若者層視聴者を募るチャンネルを提供しました。このチャンスの重要性を認識したブライトコーブは、この使用事例やお客様からの他の同様のイニシアティブをサポートするため、Twitter とのインテグレーションを実現しています。

さらに、ユーザーの観点からは従来のテレビに匹敵する、ライブおよびサイマルキャストを配信するパブリッシャーの取り組みの増加にも話は及びました。Freewheel のグローバル ソリューション担当 SVP、Frans Vermulen 氏は動的に広告が挿入されるリニアなテレビ放送が広告ポッドの繰り返しという落とし穴を避けるため、いかに進化しているかについて述べました。Hlavacek 氏は、その見方に賛意を表し、パブリッシャーが必要とするバランスを強調しました。また、ライブでも VOD でもストリームの量が増加し、効果的に収益化を行いながら「アクセスが急増する期間にもカスタマー エクスペリエンスを高水準に維持する」ことが注目されていると言います。「経営戦略を実行するために適切なテクノロジー パートナーを見つけることが、本当に重要なのです。」と Hlavacek 氏は述べています。