【動画】デジタル ファースト時代と動画広告の未来

【動画】デジタル ファースト時代と動画広告の未来

テレビの初期の時代、放送局はその放送網を介して視聴者と直接的関係を持っていました。しかし視聴者は顧客ではなく、1 対 1 の形式で応対を受けられるわけではありませんでした。同時に、テレビが表現する素晴らしいテクノロジーにアクセスするためだけに、消費者は多数の低品質な広告に耐えるのを厭わなかったのです。

昨今の有料テレビ時代の到来により、放送配信のインフラは MSO(複数のケーブルテレビ局を統括して運営している事業者) や衛星プロバイダーなど、集積的なものに移行しました。コンテンツの配信および収益化に対する多数の独自アプローチに伴い、大規模なテクノロジーの多様化が発生しました。そして、この時代の消費者は、より高品質なコンテンツにアクセスするためや広告を表示しないようにするために、割増料金を進んで支払ってきており、今もそうです。

私たちは現在、テレビ視聴エクスペリエンスの進化の第 3 期である「デジタル ファースト」期に入っています。デジタル ファースト期では、クラウド ソフトウェアの躍進によって、放送局およびテレビ番組作成者が消費者と直接つながり、個別のコンテンツや広告を 1 対 1 の方式で配信することが可能になっています。消費者は、必要なときに必要なコンテンツを有料で手に入れます。放送局および番組作成者は、より的を絞った密接に関連性のある視聴者に提供することによって、広告主により高い価値をもたらすことができます。そして、広告主は、より高いブランド インパクト、より良いエンゲージメントとコンバージョンで、消費者にリーチすることができます。

しかし、デジタル ファースト期にとって、この見通しを実現するためには、その背後に、配信するコンテンツおよびテクノロジーの開発を促進するための強力な広告モデルが必要です。

これは、先日のブライトコーブによる Unicorn Media の買収の推進力となっており、この 2 社が協力することによって、デジタル ファースト期にオンライン動画コンテンツを配信し、収益化するクラウド サービスの最も包括的なパッケージ ソフトウェアを提供できます。このトピックについてより詳しく議論するために、私たちはチームの新しいメンバーとともに、放送局および消費者にとってデジタル ファースト期が真に意味するところや、2014 年がオンライン動画広告の成長にとってなぜ重要な年になるのかについて、じっくり話し合いました。