【動画】2014 年におけるデジタル マーケターの優先事項

【動画】2014 年におけるデジタル マーケターの優先事項

ブランドは顧客や見込み顧客とエンゲージし、永続的な関係を築いて売り上げを推し進めるために、高品質なコンテンツ、特に動画利用の拡大を続けています。B2B だけを取り上げても、B2B 企業の 75% 以上がコンテンツ マーケティングを利用し、73% 以上が 2014 年におけるコンテンツ マーケティング イニシアティブの投資の拡大を計画しています。


デジタル マーケティング界の革新と混乱に満ちたエキサイティングな 1 年となるであろう年を迎え、デジタル マーケターがこの 1 年どのように動画を利用するか考えたとき、その機会や課題にまつわるいくつかの予測やデータを彼らと共有できれば面白いのではないかと思いました。

2 部構成の最初の部分では、ブライトコーブのマーケティング担当バイスプレジデントのスティーブ・ロッターが、ExactTarget が行った 2,500 名を超えるマーケティング エグゼクティブへの興味深い新しいアンケートについて紹介しています。2014 年の State of Marketing アンケートでは、2014 年度のそれぞれの予算、優先事項、チャンネル、指標、および戦略についてマーケターに尋ねています。調査によると 2014 年の上位 2 つの優先事項は、コンバージョンの向上を押し進めること(47%)と、ブランド認知度をより向上させること(46%)でした。さらに ExactTarget は、マーケターの 98% が 2014 年の支出を増やす、あるいは維持する計画があると報告しています。

これは特にブライトコーブにとって興味深いことです。なぜなら 2014 年度において、マーケターがコンバージョンを推し進め認識度を高めるため動画等のコンテンツを最適化することについて、マーケターのニーズや投資の増大の傾向が示されているからです。

 

2 つ目の動画においてスティーブは、Chief Marketing Technologist のブログでスコット・ブリンカー氏によって最近発行された Marketing Technology Landscape Supergraphic について話しています。ブリンカー氏は 2011 年にこの Supergraphic の発行を始めました。これはデジタル マーケティングに影響を与えるテクノロジーについて取り上げています。このときは約 100 社が取り上げられていました。今年は 950 社以上が含まれるまでになりました。短期的なスパンにおいてこれはかなりの成長です。そして、デジタル マーケターやそのテクノロジー投資にまつわる複雑さについて、説得力のあるイメージを示しています。

ブリンカー氏のリサーチから、実績のない新しいテクノロジーについて、マーケターは実験する余地がないこと、または彼らの既存のテクノロジー プラットフォームと簡単に統合できないことが分かりました。これは我々がデジタル マーケティングの顧客から再三聞いたことです。そのため我々は弊社の Video Cloud オンライン動画プラットフォームが CMS、解析、視聴者測定などを含む他の戦略的テクノロジー投資の多くと簡単に統合できるよう、尽力してきました。