ライブ配信の威力 - Sound Tribe Live とプリンス・トラスト サマーセッション

ライブ配信の威力 - Sound Tribe Live とプリンス・トラスト サマーセッション

スポーツブランドから飲料会社まで、あらゆる業界の企業がライブコンサートへの投資を拡大しています。今日のオンライン視聴者は魅力あるオリジナル コンテンツを強く求めており、Sound Tribe Live の創業者である Edd Royal 氏が言うように、グローバル規模のイベントを創り上げて、消費者にコンテンツとメッセージを届ける新たな方策を模索している企業にとって、ライブ ストリーミングはまさに「完璧なツール」なのです。

Sound Tribe Live は、American Express や Somerset House、Metropolis Music といったグローバル カスタマ向けに、独自のライブ ストリーミングを配信しているオンライン プラットフォームです。音楽やファッション、スポーツ、演劇などのイベントにライブの要素が加わることで、いかにそのインパクトや視聴者への訴求力が強まるかを、Sound Tribe Live を通じて直接体験できます。

Royal 氏は以前、市場調査を手がけていた際に、今では昔の TV 番組のような上質なコンテンツを配信するライブ ストリーミング プラットフォームが存在しないことを突き止め、Sound Tribe Live を考案するに至りました。Royal 氏はそのアイデアを英国の TV パーソナリティを務めていた Kate Thornton 氏に持ちかけました。Thornton 氏の TV 業界での豊富な経験や人脈を生かして、二人はディレクターの Chris Cowey 氏("Top of the Pops" や "The Brit Awards" を担当)をはじめとする専門家を集めて「ドリームチーム」を作り上げました。

そして Sound Tribe Live は今年 9 月に、プリンス・トラストのサマーセッションと組んで Youth Forum をライブ ストリーミング配信しました。英国全土からアクセスした視聴者は、約 1 時間のパネルセッションを楽しみしました。中等教育修了試験(GCSE)の時期を迎える中、パネルでは人生や将来のキャリア選択のプレッシャーについて、Wretch 32、Emeli Sandé、Ed Skrein、Adam Deacon、Jameela Jamil の 5 名のタレントや TV パーソナリティが、若者を励ますメッセージを送りました。会場の観客やオンラインの視聴者は Twitter(ハッシュタグ #PTSummer)や Facebook を活用して、質問やセッションのコメントを送ったり、ゲストにつぶやいたりしたほか、視聴者同士で交流するなど、多岐にわたるエンゲージメントの機会が設けられました。

Sound Tribe Live 創業者の Edd Royal 氏は、「インターネットの普及で消費者はますます、より良質なコンテンツにを求める『コンテンツ ハングリ』な状態に陥っています。この状況を踏まえ、ブランドと音楽業界は手を取り合って、コンテンツと製品を消費者に届ける新たな手法を探るようになってきています。ライブ ストリーミングはこれらのニーズを満たすベストなツールで、あのようなライブイベントをグローバル規模で創り上げることができます。今回のプリンス・トラスト サマーセッションのライブ ストリーミングは大成功を収めました。その陰の立役者がブライトコーブです」と語りました。

以前のブログで、視聴者は本質的に TV の生放送により深いエンゲージメントを感じることをお伝えしました。ライブイベントも例外ではありません。政治や音楽であろうと、スポーツであろうと、今や友人や仲間とつながって交流し、自分自身で新たなイベントを体験できるようになっています。

ブライトコーブは舞台裏でも現場でも Sound Tribe Live のチームと密接に協力して、Youth Forum のライブ ストリーミング配信を支援しました。Zencoder Live Cloud Transcoding を活用することで、Sound Tribe Live はあらゆるモバイル デバイスで高品質のライブセッションを体験できる仕組みを構築しました。視聴者層とイベント中のリアルタイムでの SNS 体験を盛り込むことを考えると、この点はプロジェクトの要でした。

消費者があらゆるデバイスからライブまたはオンデマンドでのコンテンツ アクセスを期待するようになる中、ライブ ストリーミングはもはや「あったほうがまし」というレベルではなく、大型のイベントに欠かせない要素になっています。ただし高品質のライブイベントの配信は、技術面でコンテンツ オーナーに多くの課題をもたらします。まず、高価なトランスコーディング用ハードウェアを購入・管理・設定する必要があります。そしてこれらのハードウェアは、次のイベントまで使用されないまま放置されるのがほとんどです。次にオンサイトの帯域の問題があり、これは深刻な障害を引き起こします。加えて、複数のデバイスにシームレスに配信するためには、コンテンツを異なるフォーマットとアウトプットに対応させなければなりません。

Sound Tribe Live のチームは Zenconder Live Cloud Transcoding を利用することで、これらの課題をすべてクリアし、ライブ ストリーミングの経済的・技術的要件を劇的に減らすことができました。Zenconder Live Cloud Transcoding の高い拡張性をもとに、Sound Tribe Live のチームは TV 放送さながらの良質なコンテンツを、あらゆるデバイスを通じて数多くの視聴者に届けることができました。

Royal 氏は、「ブライトコーブはこの分野で超一流の経験を誇る最大手企業であり、弊社にとっては実に自然な選択でした。私たちの技術チームは容易に Zencoder Live との統合を図りながら、あらゆるオンライン デバイスでアクセスしている英国中の若年視聴者に、ライブコンテンツをシームレスに配信することができました」と締めくくりました。

プリンス・トラスト サマーセッションの Youth Forum のハイライトはこちらをご覧ください。

また、その他のSound Tribe Liveのライブイベントはこちらをご覧ください。