高まるインテグレーション ニーズ

高まるインテグレーション ニーズ

Brightcove のパートナー企業である Videoplaza は、新たなインターネット TV での広告収入の最大化に向けて、放送局やパブリッシャ、広告ネットワークをサポートしています。

オンライン動画の広告市場がヒートアップを続けています。Tremor と YuMe が株式を公開し、AOL が Adap.tv を買収するなど、オンライン動画広告業界における過去数カ月間の売却額は 10 億ドルを超えました。さらに後方には他の参入者も控えています。また GroupM は先ごろ年間広告予測を修正し、同リポートの中で、最近の主要トピックの 1 つとしてオンライン動画が TV に「侵食」していると指摘しました。今、市場の成熟化を背景にオンライン動画広告へのマネー流入が相次いでいます。そして業界には、似たようなテクノロジ プラットフォームが溢れています。

現在および将来のお客様が抱えるチャレンジの 1 つが、テクノロジ ソリューションのインテグレーション(統合・一体化)です。ユーザ エクスペリエンスの維持や広告収入の最適化、整合性のアップを目的に、お客様はより厳格で強固なインテグレーションを求めるようになってきています。ですが、言うは易く行うは難し。特に複数のベンダーが関わっている場合にはその傾向が顕著です。ここで最新経験した事例を 1 つ紹介しましょう。あるお客様がインテグレーションの課題を持ちだし、インテグレーションが原因で多大な収益ロスにつながっているのではないかと指摘されました。念入りに調査したところ、原因は Videoplaza(広告管理プラットフォーム)や OVP(今回は Brightcove のユーザではありませんでした)ではなく、広告セールス パートナーの 1 社にありました。しっかりとインテグレーションやミスの処理がなされていれば、すべての関係者、特にパブリッシャに大きなメリットをもたらしていたことでしょう。

Brightcove のユーザにとって朗報なのは、Videoplaza と Brightcove が長年にわたる密接な協力関係にあることです。両社は現在、プラットフォームのインテグレーションを世界中で積極的に進めています。Brightcove が手がける動画コンテンツの管理・配信プラットフォームと、Videoplaza が展開するデスクトップやモバイル環境向け広告のプランニング/サービス用プラットフォームのインテグレーションです。その結果、Videoplaza と Brightcove をともに使用しているユーザに大きなメリットを提供しています。両社協力のもと、すでに Brightcove の Flash/HTML スマート プレーヤへのダイレクト インテグレーションを手がけました。さらに様々な異なる環境においても、できる限り高い利便性を提供できるよう今後も緊密な連携を続け、ユーザの皆さんが自社のコンテンツの管理・配信・マネタイゼーションといった中核事業に集中できる環境を整えていきます。Videoplaza では今後も Brightcove とのインテグレーションを円滑に進めるとともに、両社共通のユーザの皆さんとともに新たなイノベーションを起こす方策を模索していきます。皆さんがご希望のイノベーションのアイデアがございましたら、ぜひお寄せください!

Rags Gupta 氏は Videoplaza の Chief Commercial Officer です。Brightcove の創立経営陣の 1 人で、後に Videoplaza に移りました。Brightcove 時代は当初、米国のセールスおよび事業開発を担当し、第一号顧客との契約締結を成し遂げています。その後 2007 年の英国オフィス開設にあわせてロンドンに移りました。ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)事業の責任者を務め、35 名以上の従業員を抱えるまでに事業を拡大させました。Brightcove 以前は、Live365 のゼネラル マネージャや COO を歴任。Live365 は、シリコンバレーに拠点を置く Web 1.0 のインターネット ラジオ ネットワークで、黒字化を果たした初のインターネット放送事業者です。また Gupta 氏は動画に関する有識者として、GigaOm をはじめ数多くの媒体にたびたび寄稿しています。Videoplaza では COO として、セールス、マーケティング、クライアント リレーションの構築・強化を担い、同社の収益面での成長に責任を負っています。