ユーザ作成の動画管理におけるブライトコーブのサポート

ユーザ作成の動画管理におけるブライトコーブのサポート

ユーザ生成コンテンツ(UGC)やスタッフ生成コンテンツ(EGC)にまつわる議論を始める前に、私の考えるそれぞれの言葉の定義を最初に述べておきたいと思います。UGC や EGC の定義は皆さん独自のものをお持ちだと思いますが、UGC や EGC コンテンツ キャンペーンはブランドやメディア パブリッシャが利用可能なツールの 1 つに過ぎないというのが私の考えです。その目指すところは、ある目的のために、ならびにあるニーズを満たすために個々が集まってできた大きなグループのコンテンツを集約することです。そして、少々うがった見方かもしれませんが、動画は UGC コンテンツにおいて中心的な役割を果たすべきです。UGC はコンテンツ生成において間違いなく最適な方法の 1 つであることに異論を唱える方はいないでしょう。結局のところ、UGC は超低コストでコンテンツを集約し、知識を共有し、サイトの閲覧者を開拓できる手法なのです。

パブリッシャが UGC キャンペーンの立ち上げを希望する理由はたくさんあります。一例をあげると、製品やサービスに対する消費者のレビューや分析、評価を提供することを目的に、お客様とやり取りできます。一方、社内にあるユニークな知識を掘り起したり、チームワークを育んだりするほか、スキルのシェアを促すために、EGC コンテンツ キャンペーンの展開を図る場合もあるでしょう。UGC キャンペーンや EGC キャンペーンを実施する理由が何にせよ、適切なツールが不可欠です。そこでブライトコーブの出番です。

テクノロジ パートナーと API
ブライトコーブでは、UGC や EGC の目標達成に向けて 2 つの手法を提供しています。まず、ブライトコーブは UGC キャンペーンに特化した専門会社 Filemobile と提携しています。もう 1 つは、当社の API をベースにして、独自の UGC/EGC 動画ウィジットを迅速かつ簡単につくれます。ブライトコーブでは、ソース コードを提供しており、このサイトからスタートされると良いでしょう。このサポート ドキュメントを活用することで、ほんの一瞬でコーディングを完了できます! もちろんコーディングにとどまらず、特に「適切な管理」に重点をおいて UGC キャンペーンのプランニングをサポートします。

タグづけとスマート プレイリスト
皆さんができる最も効果的な取り組みの 1 つが、キャンペーンの的確な管理です。そうすることで、フィルタをかけるコンテンツの品質を高くキープしたまま、視聴者に提供できます。技術的な観点でいうと、キャンペーンに特定のタグを使用することで、的確な管理が可能となります。UGC の内容をしっかりとプロモートしてコンテンツが投稿され始めるようになると、楽しみが広がります。ユーザが動画をアップロードしたら、それに「ugc_unapproved」といったタグを追加します。すると、このタグを含めたスマート プレイリストを Brightcove Video Cloud 内につくることができます。こうすることで、すべての動画を 1 つの場所で閲覧でき、コンテンツや品質など指定したパラメータをもとに、動画を承認・非承認できるようになります。動画にカスタマイズされたメタデータのフィールドを追加することで、承認者や非承認の理由など後日役立ちそうな情報を保存できます。

最初のタグづけが完了すると、承認済みの全コンテンツに対してスマート プレイリストを作成することになります。コンテンツがカテゴリや部署などで分類されている場合、スマート プレイリストは複数にわたります。次に、受け取ったコンテンツを管理する担当者やチームを決めます。これは、動画に貼り付けたタグを Brightcove Video Cloud Studio 内で変更するだけで、ただちに完了します。あるいは、管理者のみにアクセス権を設定した独自のアプリケーションをつくることもできます。これは、動画 ID の読み出し・再生を管理者向けにするよう API を設定するだけで簡単にできます。次に、「承認」「非承認」ボタンを統合します。このボタンは、「ugc_approved」などに使ったタグのアップデートと同じ API を使用します。さらに、「承認者」「理由」などのフィールドも独自に追加できます。変更が完了したら、Video Cloud が動画を適切なプレイリストのある場所まで自動的に移動します。プレーヤ内やページ上に表記された承認済みのプレイリストにあわせて、自動的に動画が表示されます。

マネタイゼーション
質の高いユーザ生成動画コンテンツを視聴者に提供できるようになったら、コンテンツのマネタイゼーションを優先する場合は、プレーヤの広告を忘れずに設定してください。コンテンツが教育や知識の共有を目的にしている場合、他の機能のなかでも、コンテンツの字幕やトランスクリプトを自動作成するプラグイン(ブライトコーブのテクノロジ パートナに該当するものがあります)を起動させるタグを追加すると良いでしょう。検索機能の向上や SEO 強化につながるため、字幕やトランスクリプトは特に大切です。

UGC コンテンツ向けのアイデアやコンセプトを実践する際には、ブライトコーブのセールス エンジニアにお問い合わせください。新たな動画コンテンツの開発や収集など、いつでも皆さんのお手伝いをいたします。