TV Everywhere の可能性

TV Everywhere の可能性

今月の Bright Ideas シリーズでは、ブライトコーブと Akamai が、TV Everywhere を取り巻くチャンスと課題について話し合います。


TV Everywhere(TVE)は、リビングの外で素晴らしい番組を視聴したいという需要をテレビ放送局が満たすための方法として、鳴り物入りで数年前に始まりました。ケーブルテレビや衛星テレビの加入者は、モバイル デバイスで本物の動画体験を視聴することができるのです。そのコンセプトは、多くの興奮と期待と共に紹介されましたが、TVE が実際に軌道に乗り始め放送局の優先事項になるまで数年かかりました。

今 TVE コンテンツの需要が急増しているのには、複数の要因が重なっています。1 つは、デバイスの爆発的な拡大です。今日の消費者は、スマートフォン、タブレット、OTT ボックス、スマート TV で動画コンテンツにアクセスしています。これらの優れたデバイスを使用したコンテンツの視聴に慣れているので、消費者がケーブルテレビで視聴できるプレミアム コンテンツにもアクセスしたいと思うのは当然です。

次に、プレミアム コンテンツを所有する番組制作会社の多くは、ケーブルテレビや衛星テレビの会社と長期にわたって取引しています。それらの会社は交渉を始めていたので、より広範なデバイスではるかに幅広い視聴者にそのコンテンツを届けるチャンスが到来したのです。そして今、それを可能にするテクノロジに投資しようとしています。

ビジネスとして TVE をどれほど積極的に展開する計画であるか、その戦略は会社によって異なります。しかし、これらの会社はすべて、市場の需要に基づいて素早く動けるように、TVE ソリューションを今すぐ実現する必要があります。したがって、これらの企業にとって、TVE 戦略のためのテクノロジの基礎を確立し、配信やセキュリティ、広告などを取り巻く複雑な要件を満たすことは不可欠です。

課題がある一方で、TVE は以前には不可能だった方法で視聴者との関係を拡大する大きなチャンスももたらします。方法が適切であれば、TVE はプロによる番組制作という名声を維持しながら、インターネットが提供する双方向性およびコミュニティとその価値を組み合わせることができます。これによって、はるかにロイヤルティとエンゲージメントが高い視聴者を獲得でき、業界にとっては大きな利点となります。

今月の Bright Ideas 動画では、TVE を取り巻くチャンスについて、また、テレビ放送局が複雑な TVE 要件に対応することを支援するため、ブライトコーブと Akamai がどのように協力しているかについてお話しします。ブライトコーブのプロダクト マネジメント シニア ディレクタのフィル・コスタ、そして Akamai のメディア製品担当シニア ディレクタであるコリー・ハルバーソン氏に来ていただきました。フィルとコリーは、お客様からの声や、ブライトコーブと Akamai がお客様をどのように支援できるかについて話し合っています。