テレビ朝日「マツダオールスターゲーム2013」を Twitter で拡散 - Twitter Video Card でソーシャル動画コンテンツの成功を測る

オンライン動画はコンテンツの中心です。Cisco によると、2012 年はオンライン動画コンテンツの消費がなんとインターネット トラフィック全体の 56% の使用量を占めたそうです。アメリカではどのようなオンライン活動よりもソーシャル メディアにより多くの時間を費やされたという事実を一緒に考慮すると、ブランドや放送局はソーシャル動画への投資を増やすべきだということはより自明になります。ブライトコーブは長い間、お客様の動画を共有する取り組みを支援してきました。Twitter Video Card 機能のサポートは、ブライトコーブのお客様であるブランドや放送局のメディア戦略を強化してくれそうです。

ソーシャルプラットフォームでは動画のメリットを十分に活用しているデジタルメディアブランドの例としては、The Weather Channel / Weather.com がありますが、日本国内では初めてテレビ朝日様が Twitter Amplify を実施することが発表されました。

7 月 19 日(金)、20日(土)の「マツダオールスターゲーム 2013」放送前に選手のインタビュー動画を「テレビ朝日プロ野球オールスタースタッフ(@tvasahi_exp)」がツイートし、その動画のポストロールにマツダ様の広告が配信されました。プロモーション枠ですので、フォローしていないユーザのタイムラインにも表示されます。Twitter に Video Cloud プレーヤのインテグレーションが可能だったため採用され、実現しました。


このような取り組みの他、ブライトコーブのお客様は、"http://bcove.me/" の短縮リンクで Brightcove Video Cloud 上のコンテンツを共有するだけで、Twitter のウェブ インタフェースおよびモバイル アプリでタイムラインから直接動画プレーヤをロードして再生させることもできます。Twitter Video Card サポート機能は Video Cloud Analytics、さらにはお客様の既存のアドネットワークとのインテグレーションが可能なので、お客様は迅速かつ簡単にソーシャル動画コンテンツがどれだけの成果を出し、どれだけ効率的に収益化できるかを確認することができます。

また、5 月に発表された Twitter Amplify プログラムに参加することで、ブライトコーブのプレーヤにある動画コンテンツを使って Twitter で収益化の機会を得ているお客様もいらっしゃいます。 Amplify プログラムを通じてブランドも放送局もターゲットを絞った動画コンテンツ(広告でもエンタテインメントでも)を配信し、消費者にリーチすることができます。

ブライトコーブは、ソーシャル動画コンテンツに対する消費者ニーズは継続的に増加すると予想しており、ブライトコーブのお客様がソーシャル動画で認知度とエンゲージメントを向上させるのに大きな力になることを願います。

ブライトコーブの Twitter Video Card サポートについての詳細は、こちらをご覧ください。