Brightcove PLAY 2013 初日のキーノート:増え続けるスクリーン

Brightcove PLAY 2013 初日のキーノート:増え続けるスクリーン

何か月もお待たせしていた待望のユーザ カンファレンス、Brightcove PLAY が先日開催されました。初日のキーノートでは、Brightcove の CEO である David Mendels と、創始者であり会長でもある Jeremy Allaire がオンライン動画業界の現状に関連して、過去 1 年間の動きや近い将来 動画に影響を及ぼすであろう新たなトレンドについて考えを述べました。

モバイル
David は最初にオンライン動画業界が直面している急激な変化について触れました。デジタル メディアの専門家とデジタル マーケティング企業の両方に影響するような変化です。特に、David は PC が主流の時代が終わり、モバイル ブラウジングが Web トラフィックの 23% を占めるようになったと述べました。たとえば、Weather.com はモバイル トラフィックが、従来の Web トラフィックの 1.5 倍になっています。ただし、モバイルへの関心はアプリが中心です。そして動画分野では、ネイティブ アプリのほうが「優勢」です。

ライブ
消費者からのニーズに呼応して、ライブ ストリーム コンテンツが増加しています。David も「世界中の人の数と同じだけ、関心や情熱が存在している。」と述べています。そのため、すべての視聴者にリーチ(到達)し、働きかけるためにライブ動画が使用されています。ライブ コンテンツのマネタイゼーション(収益化)は今や当たり前のことになり、技術的にも可能になりました。たとえば、Brightcove のお客様である V8 Supercars では、レースのライブ視聴サービスを有料で提供し、direct-to-consumer 手法で顧客に直接コンテンツを届けることで、配信チャネルを拡大しています。

マネタイゼーションと DRM
動画広告は 2011 年から 2012 年の間に 21% 増加しましたが、David はもっと急速な成長も可能だったはずだと述べています。実際に、モバイル Web 上での長いコンテンツのプレロール、ミッドロール、ポストロールによるマネタイゼーションが可能になったため、よく目にするようになりました。さらに各種 DRM への統合によって、マルチ DRM アプローチによるコンテンツの保護とマネタイゼーションが可能になりました。このような状況と DRM 機能を強化したネイティブ動画アプリの提供は、モバイル動画におけるマネタイゼーションのギャップ解消に役立っています。

高品質なコンテンツ マーケティング
David は有償メディアから動画を活用した自社メディアへの移行傾向についても触れました。このような傾向により、コンテンツ マーケティングの影響が拡大しています。プレゼンテーションが進む中で、Jeremy はオンライン動画の「将来予測」を話題にしました。Jeremy は多数のデジタル視聴者に向けたオリジナルの direct-to-consumer コンテンツ(Rovio の Angry Birds Toons Video Channel のような)を作成する、新たなコンテンツ クリエータの登場について触れました。

コネクティッド リビングルーム
Jeremy は「コネクティッド リビングルーム」の次の段階についても示唆しました。スマート TV、ゲーム コンソール、コネクティッド/OTT(ネット配信)デバイスのうち、いずれが勝者になるのでしょうか。Jeremy はスマート TV の売上急増、メディア視聴用デバイスとしての Xbox の確立、アプリのインテグレーション、Apple TV や Roku セットトップ ボックスといったコンソールでのテレビ視聴やゲームの利用を挙げ、これらすべてが大きな可能性を秘めていると述べました。

標準規格の重要性
Jeremy はオンライン動画業界で現在注目を集めている、業界標準規格の検討作業についても触れました。H.265、VP9、および MPEG-DASH はいずれも、コンテンツ クリエータが、より多くのプラットフォームと消費者に、できるだけ低コストに、そして優れたユーザ エクスペリエンスでリーチできるようにするためもので、現在さらに標準化作業が進められています。ブライトコーブではこれらすべての標準規格を注視し、お客様に最適なサポートを提供できるようにしています。

つまり、今やあらゆる種類の画面が登場していますが、今後さらにその種類は増えだろう、そしてデジタル メディアとデジタル マーケティングの視点から見た動画コンテンツのビジネス チャンスは今後も拡大し続けるだろう、というのが初日のキーノートの主なポイントでした。