Zencoder Live Cloud Transcoding を使ったクラウドでのライブ動画エンコーディング

Zencoder Live Cloud Transcoding を使ったクラウドでのライブ動画エンコーディング

先日、Zencoder Live Cloud Transcoding サービスの一般提供の開始をお知らせしました。このサービスは、クラウドでライブ動画エンコーディングを行うためのオープンな API であり、マルチスクリーン対応のライブ ストリーミングの障壁を取り除き、ライブ動画イベントの経済性を変えます。


ライブ動画イベントは多様な組織にチャンスを提供し、急成長しています。最近の米国大統領就任式や、さまざまな主要スポーツ イベント、ニュースで分かるように、記録的な数の視聴者が、多くの異なるなデバイスで視聴します。

しかし、ライブ動画イベントには大きな課題もあります。通常、組織はあらゆるデバイスからアクセスできる高品質の体験を提供するために、高価なトランスコーディング ハードウェアに投資し、それを管理、設定する必要があります。さらに、イベント会場でのアップリンク帯域幅が、ボトルネックになる場合があります。つまり、アダプティブ ビットレート ストリームを公開する機能が制限されたり、送信帯域幅を確保するためにイベントのコストが劇的に増えるということです。ストリームや形式の数が増えたり、イベントの数が増えるとともに、これらのイベントの規模を調整し運営する際の費用や問題も大きくなります。

Zencoder Live Cloud Transcoding サービスは、ライブ動画イベントの複雑さや先行投資を大幅に小さくします。コンテンツ プロバイダは、エンコーディング リソースにオンデマンドでアクセスでき、使用した分に対して従量制で支払います。技術的観点からは、クラウド サービス API を使用することによって、運用の複雑さが大幅に減り、Zencoder サービスに単一の RTMP フィードを公開することによって、帯域幅の混雑を最小化します。一方で、視聴者には、あらゆるデバイスで高品質のユーザ体験を提供できます。

すでに Zencoder Live Cloud Transcoding サービスを活用して、素晴らしいイベントを配信しておられるお客様もいらっしゃいます。Bass Anglers Sportsman Society(通称 Bassmasters)は、50 万人を超える会員を誇る釣り愛好家の会員組織です。最近、Zencoder Live API を利用して、トーナメントのライブ ストリームをサポートしました。また、フィンランドにあるブライトコーブ パートナーである Smartcom:tv は、Zencoder Live Cloud Transcoding サービスを使って、年に 1 度の Finnmarksløpet のライブ ストリーミングを行いました。これは、1 週間にわたりノルウェー最北部で開催される人気の犬ぞりレースです。雪と寒さの中の厳しく困難な挑戦を視聴者はオンラインにて無料で視聴できました。

ライブ ストリーミングの課題、そして Zencoder クラウドベース ソリューションが提供するチャンスの両方について、弊社のシニア プロダクト マネージャ、コートニー・ジェイコブセンが出演する以下の動画で、さらに学ぶことができます。