TV Everywhere の詳細

TV Everywhere の詳細

TV Everywhere(TVE)は素晴らしい。私の都合のいい時間でテレビを視聴することができますが、私が視聴料金を支払った番組しか見られないようにコンテンツがコントロールされています。視聴料金をとらなければ良質な番組はできないでしょう。私のお気に入りのテレビ アプリを iPad で見てみると、私がよく使うものは TVE 認証を持っているものばかりです。

先日ルークが TVE 戦略について投稿していました。彼が取り上げたポイントの一つは優れた TVE ソリューションを提供することであり、適切な「配管」が所定の位置にあるという保証が必要です。TVE を可能にするその配管と認証プラットフォームを詳しく見てみましょう。


TV Everywhere は、簡単にいえば、ユーザがコンテンツ料金を支払っていることをコンテンツ プロバイダが確認するための照合システムです。たとえば、私がチポトレ ブリトーと Android 携帯についてレポートする TomTV というテレビ チャネルを運営しているとしましょう。ユーザが私のウェブサイト www.tom.tv でコンテンツ料金を支払ったということを確認するのは難しいのです(なぜならその情報は TomTV ではなくケーブル プロバイダが管理しているからです)。この問題を解決しようというのが TVE 認証です。


セキュリティ分野では、これは一般的に連携認証または信用認証と呼ばれます。連携認証は、シングル サインオン処理でエンドユーザに快適なログイン エクスペリエンスを提供できるよう設定されています。これは、異なるシステム間にセキュリティ プロトコルと信頼を確立することによって可能となります。ウェブ/モバイル ユーザは、Facebook ではないサービスを利用するのに Facebook 認証を使用する際にこれを経験しています。ユーザを認証する Facebook とサードパーティとの間に信頼関係が確立されています。TomTV は、ユーザによるコンテンツの視聴を認証(authn)し、承認(authz)するケーブル プロバイダを信頼する必要があります。連携認証を可能にしている背景にはさまざまな技術があります(OAuth、Open ID、SAML など)。しかし、より高いレベルでは、すでにこれらの技術を実装し、システムを活用するプロトコルを持つソリューションがあります。TVE 認証のための最も一般的なシステムの二つは、Adobe Pass、そして Akamai's Sola Vision Identity Services です。


Adobe Pass も Akamai Identity Services も、マルチチャネル ビデオ プログラミング販売業者(MVPD)が認証プロバイダとして登録するためのするための手順を提供します。これらの認証プロバイダは、ユーザを認証し、承認するために使用することができます。ユーザは複数の場所(Comcast や Verizon、Dish Network など)で認証する可能性があるため、これは TVE 認証にとって非常に重要です。


ここで、TVE 認証のための一般的なワークフローを紹介します。

  1. ユーザが視聴する動画のカタログを見るためにウェブサイトを表示します。中には承認が必要な動画も、そうでない動画もある場合があります。
  2. 承認を必要とする動画をユーザがクリックすると、ユーザが認証したい MVPD を選択するダイアログが表示されます。
  3. ユーザが MVPD を選択すると、必要情報を入力するログインページにリダイレクトされます。
  4. ユーザが認証された場合は、動画のページにリダイレクトされ戻ります。
  5. 再度承認が必要な動画を選択した場合、承認トークンを収集するための通信が背後で発生します。このトークンは、ユーザが動画を再生できるというシステム ステートメントであり、動画をホストしているサーバでの確認を必要とします。これはエンドユーザには見えません。
  6. トークンが確認されると、動画が返され、ユーザに再生されます。

Brightcove は何をするの?

Brightcove は、トークンの検証および/または動画プレーヤとして機能することができます。これは、TVE 認証に使用されるプラットフォームに基づいています。Adobe Pass では、ユーザが認証できるようになるまでフル動画の URL を保護するトークン バリデータが Brightcove によって実装されています。Akamai's Sola Vision Identity Services では、動画アセットの URL は保護されていませんが、コンテンツへのアクセスには承認が必要です。トークンは、動画がホストされている Akamai's Universal Streaming サービスで検証されます。

TVE 認証を提供できるようにするには、動画プレーヤは、個々のプラットフォームで正しくトークンを渡して処理する方法を理解する必要があります。この機能は既に Brightcove Video Cloud プレーヤに組み込まれています。これは、プレーヤ主導およびページ主導の両方のワークフローをデベロッパが統合できるように慎重に設計されました。


詳しくはお問い合わせください。