HTML5 動画収益化の進歩

HTML5 動画収益化の進歩

先日ブライトコーブは、HTML5 動画向けの総合的な収益化ソリューションが広く利用可能になったことをお知らせいたしました。これには、VAST 準拠のプレロール、ミッドロール、ポストロール広告、および広告ポリシを動的に設定、変更するための新しい HTML5 動画プレーヤ API、さらには FreeWheel、Google、Videoplaza、YuMe 等の主要広告サーバ向けの HTML5 動画プラグインのサポートが含まれます。


FreeWheel によれば、広告と DRM がサポートされる動画コンテンツのスマートフォンでの視聴は、過去 1 年間でほぼ 8 倍に増えました。また、FreeWheel は、タブレットは、複数エピソードから成る動画コンテンツを視聴するための主力モバイル デバイスになっていることを認識しています。より広い視聴者にリーチしたいメディア企業によって、これは喜ばしいことですが、さまざまなデバイスやオペレーティング システム、ブラウザに広告付きコンテンツを実際に公開しようとすると、数々の課題が生じます。メディア企業は、すべてのデバイス、オペレーティング システム、ブラウザで動画や広告が機能するようにするだけでなく、自社のビジネスに適合し柔軟に広告の対象を設定できる、最善の広告サーバを選択する柔軟性も必要になります。

ブライトコーブは、メディア企業が成功を勝ち取り、急速に増加するモバイル視聴者からの収益を最大化するために役立つ投資を続けています。Video Cloud オンライン動画プラットフォームは、広告をサポートするメディア企業に対して、あらゆるスクリーンでオンライン動画イニシアティブの収益を確実かつ一貫して最大化するためのさまざまな機能を提供しています。HTML5 デバイス、プラットフォーム、プレーヤ API で一貫して機能するプレロール、ミッドロール、ポストロール広告オプションが含まれ、お客様は適切に広告の対象を設定できます。


 

ブライトコーブのスマート プレーヤは、自動的に動画エクスペリエンスを適応させ、モバイル OS やブラウザの違いに対応するので、メディア企業は一貫して機能する広告インテグレーションに自信を持つことができます。また、FreeWheelVideoplazaYuMe などの広告パートナとは、インテグレーションを簡単に構築できます。

Video Cloud は、Flash と HTML5 の両方で Google の IMA3 SDK をサポートする最初のオンライン動画プラットフォームになりました。パブリッシャは、DoubleClick for Publishers (DFP) 動画モジュールの拡張機能を利用できます。

最後に、スマート プレーヤ フレームワークによって、メディア企業は、そのオンライン動画への投資や広告戦略を将来にわたって長く活用することができます。Microsoft Windows 8 など、新しいプラットフォームやオペレーティング システムは、その登場と共にサポートされます。

HTML5 広告に関連する課題、およびメディア企業がこの課題を解決するためにブライトコーブがどのようにサポートするかについて、プロダクト マネジメント VP のアシュラフ・アルカーミと話しました。