業界を牽引するであろう H.265 〜 ただしまだ少し先のお話

業界を牽引するであろう H.265 〜 ただしまだ少し先のお話

国際電気通信連合(ITU)が先ごろ、H.265 ともよばれる HEVC(High Efficiency Video Codec)を新しい標準規格として承認しました。H.264 と同等の動画品質を半分の帯域幅で提供されることになります。

これはオンライン動画ストリーミングにとっての大躍進とも言え、モバイル デバイスを含むより多くのデバイス上で、より多くの消費者に対する HD コンテンツのストリーミング配信を可能にします。H.264 が批准され、高品質 SD のストリーミングがインターネット上で利用できるようになったのがわずか 10 年前のことだと考えると、ちょっと感慨深いものがありますね。それが今や、まだ比較的新しいこの標準規格の代わりに、高品質 HD のストリーミング動画が標準規格として採用されようとしています。

品質と帯域幅の改善以外にも、H.265 は今後の動画視聴方法に影響を及ぼすであろうその他の機能も備えています。並列処理用に動画の最適化が可能なことから、動画の異なる部分のデコードを同時に行ったり、動画のさまざまな部分を最初にデコードすることができます。動画に複数のビューが含まれている場合は、特に動画のロードが改善されます。

H.265 標準規格には、長期的に普及する可能性がある新たな主流標準規格としての魅力があります。この標準規格では、長期的に動画と静止画像の品質を改善する機能について言及されています。ストリーミングの面では、UltraHD あるいは 4K 動画がサポートされていて、大型画面でのピクセル数が 4 倍になり、最大 8K の動画がサポートされる可能性があります。UltraHD の解像度は 8192x4320 に達しますが、これはほとんどの HD テレビ(1920x1080)の 16 倍に相当します。静止画像については、H.265 は最大 33 メガピクセルの画像に対応できます。これはプロの写真家が使用するピクセル数の 2 ~ 3 倍に相当します。

こうなると、「ではいつから H.265 を利用してストリーミングやコンテンツ視聴ができるようになるのか」という疑問が出てくるでしょう。しかし、動画については「まだしばらく先のこと」になるでしょう。H.265 が普及するには、様々なハードルを乗り越える必要があります。たとえば、チップメーカがこの種の高解像度に対応し、エンコーディング会社がこの種の高度なコンテンツを制作できるようになる必要があります。今年は様々なトレード ショーで華々しいデモが行われ、H.265 の話題が多くなると思いますが、主流になるには約 3 ~ 4 年はかかるでしょう。Web ストリーミングの現在の標準規格である H.264 の普及や、各動画コーデックで類似のタイムラインができるまでにも数年を要したのですから。

H.265 の導入を加速できる要因として考えられるのは、Apple として知られるテクノロジ界の小さな巨人です。Apple の iPad は H.265 に対応しており、次世代の Apple TV も H.265 に対応するという噂があります。Apple がこの新しい標準規格を推進する可能性は高く、結果として普及もスピードアップすると思われます。

ストリーミング技術は急激に進化していますが、H.265 の普及スピードや将来性は多くの要因や業界内の企業に左右されます。それでも、比較的近い将来、さらに高品質の視聴エクスペリエンスが期待できるというのは嬉しいことですよね。