DRM(デジタル著作権管理)による動画コンテンツの保護

DRM(デジタル著作権管理)による動画コンテンツの保護

成人の 45%、18 歳から 29 歳の 70% が、音楽、テレビ番組、映画を不正に購入、コピー、あるいはダウンロードしていることが、最近のデータで明らかになっています。スマートフォンやタブレット、そして PC やコネクティッド TV に至るまで、消費者がさまざまなデバイスでオンラン動画を利用する一方で、不正なコンテンツをハードディスクにコピーする方法が多く紹介されているのも事実です。結果として、コンテンツの所有者はアクセスの方法、場所、時期に関わらず、自らのコンテンツが著作権の侵害や不正な視聴から保護されるようにする必要があります。



デジタル著作権管理(DRM)はパブリッシャに対し、幅広いビジネス モデルや配信戦略において、コンテンツのセキュリティ確保に必要な管理機能を提供します。簡単に言うと DRM とは、コンテンツの所有者がコンテンツのセキュリティを確保できるようにする一連のテクノロジであり、消費者とコンテンツとの関わり方を定めることが可能です。このポリシには、視聴ウィンドウ、視聴を許可するデバイス、複製や共有の権限を含めることができます。

多くの人々は DRM について、Hollywood の大規模な映画スタジオや大手の放送ネットワークが対象であると考えていますが、実際は、プレミアム コンテンツの公開や配信を行う組織すべてが、コンテンツの保護について考慮する必要があります。コンテンツを保護しその利用をコントロールすることで、オンライン動画戦略が意図した通りに目的を果たし、また不正なアクティビティによる侵害や過小評価されることを防止できます。

先日、弊社の DRM エキスパートであるブライアン・カーンと膝を交え、この話題について、さらに動画コンテンツ用に DRM の活用を考慮しているパブリッシャに対するオプションについて、詳しく話しました。さらにブライアンは、できるだけ幅広いデバイスやプラットフォームの保護をお客様に提供するため、ブライトコーブが複数の DRM テクノロジをサポートすることを重視している理由について説明しています。

DRM についての詳細はホワイトペーパー「オンライン動画デジタル著作権管理の基礎」をご覧ください。