PUMA がオンライン動画で顧客エンゲージメントを促進

PUMA がオンライン動画で顧客エンゲージメントを促進

コンテンツ マーケティング エコシステムにおけるオンライン動画の役割については、ブランドと顧客との永続的な関係の構築を支援するという点で、長文を執筆しましたPUMA は世界で最も認知度の高いフットウェアおよびアパレル ブランドの 1 つです。同社は動画のパワー、さらには顧客とのエンゲージメントを深めるために動画がどのように役立つかを理解しているマーケタとして、素晴らしい実例を示しています。


PUMA は製品をサポートし、さらには顧客をその動画の道程へと誘うために、幅広い動画コンテンツを世界中で制作、公開しています。PUMA はその最先端の製品で知られていますが、同社のブランドは製品を紹介している動画のシーンによって、もしくはブランドが描写するライフスタイルによって活気づきます。PUMA は動画をエンゲージメントの機会として、そしてタイミングに合わせたマルチスクリーン体験に顧客を導く方法として捕えています。

この戦略は 2012 年のロンドン オリンピックで大いに実践されました。PUMA がスポンサーとなったジャマイカのスプリンター、ウサイン・ボルト、そして 100m および 200m での彼の素晴らしいパフォーマンスにタイミングを合わせたイベントやコンテンツをもって、ライブ動画コンテンツを通して顧客と直接的に、そしてリモートで交流できるブランド環境を構築しました。

最近 PUMA のデジタル戦略責任者の Jay Basnight と膝を交え、同社の動画戦略とそれらがエンゲージメント促進に与える影響について話しました。Jay は動画の重要性と、PUMA がどのように成功を測定するか、さらに同社が Brightcove Video Cloud オンライン動画プラットフォームを使ってどのように世界中での動画の取り組みをサポートしているかについて、詳細に話してくれました。

PUMAなどのブランドがどのように Brightcove Video Cloud を使っているかについて、詳細は http://go.brightcove.com/forms/ja-puma-case-study でご覧ください。