モバイル アプリ開発の傾向:組織にとって正しい道を選択するために

モバイル アプリ開発の傾向:組織にとって正しい道を選択するために

この数年でモバイル アプリは、目新しい存在から、コンテンツを配信し顧客とのエンゲージメントと長期に渡る関係を構築するための手段として、あらゆる組織にとっての重要要件へと急速に成長しました。その結果、アプリを構築するデベロッパのプロセスと要件も変化し、今日では組織においても、モバイル アプリ開発の潜在的なツールやソリューションを評価する際にいくつかの重要な違いについて認識することが必要となっています。

数年前 PhoneGap (その後 Adobe に買収されました) が、デベロッパがアプリ開発で馴染みのある ウェブ テクノロジを使用できる、ハイブリッドなアプリ フレームワークとして出現しました。しかしアプリがさらに主流へと移行するにつれて、今ではデベロッパは基本のツール以上のものを要求するようになりました。組織とそのデベロッパは、コストと複雑さを最小限に抑えながらアプリを開発、運営、販売し、ライフサイクルを繰り返し、さらにアプリのライフタイムを延ばすために役立つ、アプリのライフサイクル全体を回す完全なプラットフォームを必要としています。

最近 App Cloud チームのクリス・リトルとフィル・コスタと膝を交え、この進化についてより詳しく検証するとともに、モバイル アプリのニーズに最適なソリューションとアプローチを組織がどのように選択できるかについて話し合いました。App Cloud アプリ プラットフォームは、今日のモバイル開発およびメンテナンスのニーズに応えるため、またデベロッパに対しコンテンツ中心のアプリの構築と管理にエンドツーエンドのソリューションを提供するために制作しました。動画でご覧いただけるように、App Cloudはシンプルかつ直感的で拡張性もあり、費用を低く抑えつつエンドユーザに優れた結果をもたらすエクスペリエンスを必要とするデベロッパにとってベストな選択であると私たちは確信しています。

これについては、新たに発行したモバイル アプリ開発評価ガイドでさらに詳しく解説しています。状況を理解し、どのアプローチが組織にとって最も適切であるかを判断するために役立つ情報を提供しています。

そして何よりも、先日 App Cloud のエキサイティングで新しいさまざまな特長と機能について発表しました。これにはオープン プラグイン アーキテクチャ、主要なサードパーティ サービスとの標準インテグレーション、プッシュ通知における拡張総合サポートが含まれます。