ライト、カメラ、アクション:動画マーケティングでの傾向

ライト、カメラ、アクション:動画マーケティングでの傾向


最近、弊社は Aberdeen Research と共同で、 マーケティングにおける動画とリッチ メディアの使用について 100 人を超える営業やマーケティングの専門家に調査を行いました。 調査によれば、多くのマーケタが動画のパワーをうまく活用しています。 Aberdeen によると、消費者とのエンゲージメント、ブランド ロイヤリティの構築、コンバージョンの促進で先頭に立つマーケタには共通点が 1 つあります。コンテンツ マーケティングで動画を使用する可能性が高いのです。

調査によると、これらクラス最高の組織は、消費者が接するあらゆる段階で動画を使用してコミュニケーションを行っており、 以下のことが分かりました。

  • 外部コミュニケーションで動画を使用している割合が、他の会社より 38% 高い
  • ウェブサイトでのコンバージョン レートが市場の他の企業より 2:1 の割合で高い
  • プロ級の動画制作能力を社内に持っている割合が 30% 高い
  • さまざまな機器やソーシャル ネットワークにリーチするための確固たる計画を持っている割合が 33% 高い
  • コンテンツのパフォーマンスを測定するためにビッグ データや動画解析データを活用している割合が 2 倍 高い
  • オンライン動画管理プラットフォームを使用している割合が 5 倍高い

あらゆる規模のマーケタが、絶えず変化し、にぎやかさを増すソーシャル チャネル、機器、および画面環境において視聴者にリーチするために、さまざまな困難に直面しています。その中で、最高の組織が動画を使って成功を収め、エンゲージメントやブランド ロイヤリティ、コンバージョンを促進しているのは、すばらしいことです。

このトピックと調査について詳しくご覧になりたい方は、こちらからレポート全文(英語)をダウンロードできます。