ハイブリッド手法がコンテンツ・アプリに適している理由

素晴らしいハイブリッド車や遺伝子組み換え技術を利用した美味しい果物のように、App Cloud はアプリ開発上でハイブリッド手法を用います:ネイティブ・デバイス・プラットフォームの効用性と HTML5 の開発フレームワークの自由度の高さを融和させるハイブリッド手法。クロス・プラットフォーム、そしてコンテンツ重視のアプリ用に、このハイブリッド手法 は時間とコストを節約した上で、驚くべき成果を成し遂げます。各々のプラットフォームがどのような舞台で役割を果すのかみてみましょう。

Distribution (配信・公開)

Winner: Native ネイティブ・アプリは簡単にApp Store、Android Market、や Amazon Appstoreで公開できますが、ブラウザを基調とするアプリでは、そのような正式に公開できる場はありません。App Cloud が供給するアプリはネイティブ・アプリなので、App Storeなどで公開できます。

Device presence (デバイスの存在感)

Winner: Native ネイティブ・アプリはデバイス上に存在感が浮き彫りになり、精神の存在感さえ感じさせます。ところが、ブラウザを基調とするアプリでは、Safari のようなブラウザで起動させなければなりません。それは、存在感・精神を喪失させます。App Cloudによるアプリは、スマホ上やタブレット上で一流の仲間入りを果しているのです。

Device access (デバイスへのアクセス度)

Winner: Native ブラウザを基調とするアプリでは、カメラやアドレス帳などのデバイスへのアクセスが制限されており、写真共有やオフライン・ストレージのようは機能は提供で きません。App Cloud は簡易的な JavaScript API を提供し、様々なデバイスへアクセスすることが可能となります。

Monetization (収益化)

Winner: Native ネイティブ・アプリは、容易に売ることができます。それは、開発者が自身で課金システムを設計する必要もなく、ユーザはアプリを購入する度に、自分のクレ ジットカード情報などを入力する必要もありません。2、3年以内に、アプリ内購買機能が営業機能を果たすでしょうが、開発者やユーザは何も失う事はないでしょう。

Ease of development (開発のしやすさ)

Winner: HTML5 HTML5 は2つ利点があり、大抵のコンテンツ関連のタスクは、既存の iOS や Android のライブラリを使用することなく、HTML と CSS を使用することでコンテンツを形式化できます。iOS 内にタブレットのページを作成する難しさと、HTML であらゆることを成し遂げられる容易さを比較してみて下さい。2つ目は、App Cloud での開発は、コンパイルを自動化してくれますし、XCode や Android Developer ツールを使用する必要もありません。App Cloud はクラウド上でアプリをコンパイルしてくれます。

Speed of development (開発のスピード)

Winner: HTML5 コンテンツのビジネスでは、ウェブ開発者が主導権を握ります。ウェブ開発のモデルは開発サイクルのスピードが重要視されます。App Cloud は2つの点において、開発サイクルを加速させます:1つ目は、開発者は最新のブラウザを使用し、Chromeデベロッパツールを使用することで大抵のタスクを効率よく消化できます。2つ目は、開発者はWorkshop を使用することで、リアルタイムでアプリのテストが出来ます。つまり、実装、更新、再編集のサイクルです。

Market reach (マーケット・リーチ)

Winner: HTML5 ネイティブ・プラットフォームのプロバイダーは、非常にコストが高く、多くの視聴者を獲得するのは難しいですが、ウェブ技術はその制限がありません。App Cloud では、単純に、HTML、CSS、JavaScriptで実装するだけで、複数のプラットフォームでネイティブ・アプリを開発し、複数のマーケットへ売り込むことが出来ます。それは、アプリの使用者を2倍にも、3倍にもしてくれます。

Reusability (リサイクル性)

Winner: HTML5 HTML、 CSS、JavaScript はプラットフォームに依存することはないので、ウェブ開発者はハイブリッド手法を使用する際に、自身が保持している技術を無駄にすることがありません。実 際、開発者は有名なライブラリである jQuery を使用できます。App Cloud 上で作成されたコードはモバイル用に最適化されたウェブサイトやタップを基調とするウェブアプリ用に再利用する事が出来ます。

Extensibility (拡張性)

Winner: HTML5 HTML と JavaScript は動的にコンテンツを変更しやすいのが特徴です。App Cloud はこの特徴を2つの点について多いに利用しています。1つ目は、開発者が1つのテンプレートから、App Cloud 上で複数のアプリを作成することが出来る点です。2つ目は、コンテンツの管理者はデータをアップデートし、設定を変更することが出来ます。

2つの世界観の融合

もしネイティブ開発あるいはウェブ開発に関して議論するとき、両方のアプローチの良い点を融合させるのが良いとされます。ネイティブ開発 (Distribution、Device Presence、Device Access、Monetization)の良い部分と、ウェブ開発(Ease of Develpment, Market Reach, Reusability, Extensibility)の良い部分を融和させることで、開発コストを軽減し、マーケットに存在感を示し、将来のデバイス・プラットフォームの土台を 築くことが出来ます。

ハ イブリッド車がガス機関の力と電気機関の燃料節約を融合するのと同様に、App Cloud はネイティブ・プラットフォームの効用性とウェブの利便性(オープン・スタンダード、拡張性、敷居の低さ)を融合させます。コンテンツ・アプリ は、”Win-Win” なのです。