BAFTA 賞を支える Video Cloud

あらゆる映画、そしてそれらを称える表彰式典には、その成功を陰で支える数多の立役者たちがいます。2012 年度 英国アカデミー賞では、Brightcove Video Cloud のスマートプレーヤも一役買いました。映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)は、毎年開催しているロンドンでの授賞式の前後をとらえた幅広い動画コンテンツを Video Cloud を使って公開しています。

BAFTA は 2009 年以来オンライン動画プラットフォーム Video Cloud を活用し、長尺/短尺映像、授賞式、レクチャ、サンプル クリップといった 200 以上ある年間行事のコンテンツ ライブラリを、スマートフォン、タブレット、PC、コネクテッド TV などの任意のデバイス上で BAFTA.org の視聴者に提供してきました。BAFTA 賞では、受賞者やレッドカーペット インタビュー、概要や詳細情報コンテンツなどをフィーチャした動画ライブラリを作成しています。

BAFTA はオンライン動画プラットフォーム Brightcove Video Cloud を使用しています

レッドカーペットでの動画コンテンツや舞台裏インタビューをまさに起こっているその時に公開することが重要であると、BAFTA のオンライン エディタである Pippa Irvine はBAFTA による Video Cloud プラットフォームの活用を記したケーススタディで述べています。「効率性が大事なんです。ノートパソコンや iPad、モバイル デバイスなどを使ってオンラインで情報をチェックしている視聴者にとって一番の舞台裏情報ソースにならなければ。」

2012 年度 BAFTA 賞受賞者およびノミネートされた方々おめでとうございます。そして、カメラには映らないところで作品作りに尽力された皆さまにも敬意を表して。