既存動画をiOSで視聴可能なH.264形式に変換する方法

Brightcove では動画を登録する際、FLV と H.264 の二つのどちらかの形式で登録可能であり、Flash Player を使用する場合には、どちらの形式でも視聴可能ですが、
iPad/iPhone/iPod Touch (以下 iOS) で Brightcove のプレーヤを使用して動画を視聴する場合、その動画の形式は H.264 となっている必要があります。

今回は、既に Brightcove に登録した動画が、FLV 形式に変換されている状態となっている、または、FLV 形式の動画をアップロードしたという場合に、それらの動画を iOS でも視聴できる H.264 形式に変換する方法をご紹介します。

1. 動画に参照ID を付加する
Video Cloud スタジオ(https://my.brightcove.co.jp)にログインし、Media モジュールに移動します。
再変換(再エンコード)する動画を選択後、ダブルクリックし、動画の編集画面を開きます。
参照ID に動画のユニークなIDを指定し、「保存」ボタンをクリックします。


図1: 動画編集画面にて、参照IDを付加
 


図2: 動画編集画面の「動画ファイル」タブ >「コーデック/コンテナ」にて現在の動画形式を確認できる
 

2. マニフェストファイル(XML定義ファイル)を作成する
テキストエディタを開き、要求する処理を記載した XML マニフェストファイルを作成します。
下記の例では、登録されている3つの動画(myVideo1、myVideo2 及び myVideo3 を参照ID としている動画)に対し、再エンコード処理を実施し、マルチレンディションで H.264 (MP4) 形式に変換してくださいということを定義しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<publisher-upload-manifest publisher-id="[パブリッシャID]" preparer="Test" report-success="true">
<notify email="[メールアドレス]" />
<reencode-from-existing-source title-refid="myVideo1" encode-to="MP4" encode-multiple="TRUE" />
<reencode-from-existing-source title-refid="myVideo2" encode-to="MP4" encode-multiple="TRUE" />
<reencode-from-existing-source title-refid="myVideo3" encode-to="MP4" encode-multiple="TRUE" />
</publisher-upload-manifest>

- [パブリッシャID] には、ご使用の Video Cloud アカウントのパブリッシャID(プロフィールページで入手可能)を指定します。
- [メールアドレス] には、処理完了通知を受信するメールアドレスを指定します。
 

3. マニフェストファイルを保存する
作成したマニフェストファイルに、任意の名前(半角英数字)を付け、UTF-8 形式で保存します。(例: reencode.xml)
 

4. Brightcove の FTP サーバにマニフェストファイルを転送する
Brightcove から指定された FTP サーバにマニフェストファイルを転送します。
*この機能は Pro エディション以上からご使用いただけます。Pro エディション以上をご使用の方で、FTP の接続情報が不明である場合、カスタマサポート(http://support.brightcove.com/ja/contact)までご連絡ください。
 

5. 処理完了通知が届く
再エンコード処理完了後、マニフェストファイル内の[メールアドレス]に指定したアドレスに、完了通知メールが送信されます。
 

6. Video Cloud スタジオにログインし、トランスコードが終了したことを確認する
Video Cloud スタジオ(https://my.brightcove.co.jp)にログインし、Media モジュールに移動します。
再変換(再エンコード)した動画を選択後、ダブルクリックし、動画の編集画面を開きます。
「動画ファイル」を選択し、「コーデック/コンテナ」で、H.264 / MP4 となっていることを確認します。


図3: 動画編集画面の「動画ファイル」タブ >「コーデック/コンテナ」にて変換後の動画形式を確認