ワインと動画 2 バイラル編

暑い一日を終えた後は、冷たい白ワインなんていかがでしょう? そうして、今飲んでいるワインの背後にあるストーリーに思いを馳せてみませんか? RKW Productions の Bobby Wittenberg 氏はサイト Vinestories.com で鮮明なHD画質でその “the story behind the bottle(ボトルの背景にある物語)” を公開しています。「私たちはストーリーの制作にかなりの時間を割きます。表面的には、匠によるワイン作りについて。より広義に捉えれば、リスクを冒しても愛する何かのために物事を成す人々について描いています。」これらのミニ ドキュメンタリーを配信するためには Brightcove Video Cloud が Wittenberg 氏にとって明確な選択でした。その数ある理由の中でも特に重視していたのは、コンテンツの管理機能でした。

オンライン動画を利用する多くの人々は、動画をバイラル共有できるようにするのはサイトへのインバウンド トラフィックの増加につながる重要なポイントと考えます。しかし、Wittenberg 氏が以前使用していたオンライン動画プラットフォームでは、コンテンツをほ​​とんどコントロールできませんでした。また、ライブラリ チャネルで動画が見られても、そこからサイトを訪問する視聴者がいないこともわかりました。彼は、販売ターゲット層の確立に必要であるにもあるにもかかわらず、ウェブサイトから測定可能なトラフィックを流出させてしまっていると感じました。Wittenberg 氏いわく、「バイラル共有を有効にすべきものかどうか、私たちで判断してコントロールできる機能が気に入っています。」

バイラル共有のコントロールに加えて、ドメインの制限機能もサイトにおいて重要であると考えました。「クライアントごとに特定のプレイリストを作成し、プレーヤをロックダウンできることで、認証済みのサイト以外での動画の再生を制限できることが必要でした。」RKW Productions はこの機能を活用し、小売業者やワイン関連メディア、観光サイトへ動画コンテンツを提供しました。その他の許可されていないサイトには埋め込みができないので安心です。

Wittenberg 氏は、視聴者がサムネイルをクリックすれば動画が見られるように、ディープリンクを使用しました。この手法により、ページ上に複数のサムネイルがあっても、表示される動画プレーヤは一つです。このシングルプレーヤは見た目に美しいだけでなく、SEO にもつながります。彼は、それぞれの動画について検索キーワードを設定することができました。

最後に、Wittenberg 氏は質の高いコンテンツを制作するための素晴らしいアドバイスをくれました。「動画の品質を向上させるのに高価な装置は必要ではありません。しかし、映画づくりにおける基本的な原則は応用できます。たとえば、照明を当てること。コントラストをつくること。シーンの深みを増す工夫をすること。良い音で録ること。相手が取引先であれ消費者であれ、首尾一貫したストーリーを伝えること。そして最後に、視聴者を知ること。人々がどのようにサイトを使い、どのような流れで題材を見ているのか、想像するんです。それから... 常に変化に柔軟であることですね。」