Googleの相反する基準

各社のニュースサイトでgoogleの検索結果に、読み込み速度をを繁栄するという記事が出ました。

一時期の大量の被リンクサイトを作り出す事による、SEOの上昇から比べると適切な判断基準にようやくなって来た気がします。
(※ 現在、被リンクサイトを大量に作成するとペナルティの要因になると言われています。)

現在のSEO対策には、もうひとつの要因として滞在時間という基準もあり、今回の読み込み速度と滞在時間というのは、相反するものになります。
滞在時間を稼ぐためにはリッチコンテンツを必要とし、リッチコンテンツはデータ量が増えるため読み込み速度は遅くなります。

でも、そんな矛盾を解消してくれるコンテンツがあります。

動画のストリーミング配信です。
読み込み速度は短く、滞在時間を稼ぐこともでき、今回の見直しに大きなアドバンテージを持つ事になりました。

貴社の中に眠っている、動画コンテンツをSEO対策にも活かしてみてはいかがでしょうか?