恵比寿へランチに行く理由 その2

どうも、お久しぶりです。営業の中原です。

先日新卒で入った会社の同期会があり、新橋の居酒屋へ行ってきました。
16年ぶり?くらいにあった人もいてとても懐かしく、また当たり前の事ですがみんな同じように年をとっていて、体型や髪の毛やいろいろ変っていて時の立つのは早いなあ、と。

何が言いたいかと言うとこのブログの担当が回ってくるのが1か月に一回とは思えないほど時がたつのは速いなあ、と。
特に今月末は四半期末でもあるので、せめてブログの担当と重なった時は数字に追われるのを勘弁してほしいなあ、と思いながらもこうして書いているうちに3月も終わってしまいました。

そうこういいながらも月に30回はランチを取らなければいけないわけでまたそんな中からネタを拾ってこようかな、と。

ちなみに、どのくらいの方がこのブログを見てくれているのでしょうかね?
まあ、ログを見ればいいだけなんですが。
私は酒井のブログが好きですね。セールストークに使えるネタ満載なんです。読んでいただくと当社サービスの便利さを理解してもらえます。
他の人のも読んでください。

では、今月のお勧めはまた恵比寿3つとそれ以外2つ。
 

なゝ樹(蕎麦)恵比寿

CP(味・量・値段のバランス)
☆☆☆☆

最近は少し落ち着きましたが、半年ほど前まで蕎麦にはまっていて都内の有名な蕎麦屋を紹介した本を買って、いろいろな店に行ってました。
更科と呼ばれる蕎麦の実の中の柔らかいところだけをつかった上品な蕎麦よりも、皮ごと挽いた味の濃い、いわゆる田舎蕎麦が好みです。
それに甘めのつゆをつけて。もちろんこの店は後者です。
香りがよくて噛みごたえもあって、加えて水で締める時にかなり冷たい水で締めているのでつゆにつけた後も麺が冷たくて気持ちがいいのです。
蜂の子とかもメニューにあります。
 

太龍軒(ラーメン)恵比寿

CP(味・量・値段のバランス)
☆☆

1ヶ月ほど前にできたばかりの店で、オープン記念500円だったので行ってきました。結論から言うともう行かないかな、と。
スープはとても美味しかったのですか、麺のゆで方がちょっと。
というのも、私の目の前で茹でていたのですが、私が食べている間だけでも2回ほどお湯の量を調整していたので、火かげんとお湯を出す量の調節がまだあまりできていないのかな、と。
ただ、その数日後に別の営業が行ってきましたが、かなりおいしいと高評価でした。
 

キルフェボン(タルト)代官山

CP(味・量・値段のバランス)
☆☆☆☆

タルト界では最も有名な店でしょうか。
Q1の会社予算をぎりぎり達成したので買ってきてみんなで食べました。
場所は代官山ですが、当社から歩いて5分ほどです。
値段がちょっとお高めですが、のっている果物が本当にいい果物を使っているので満足度は高いです。
8人いたので柑橘系・ナッツ・抹茶・緑茶・ブルーベリー・マンゴー・デコポン・林檎を買ってきました。
買ってきた手前、最後に残ったのを食べようと思っていたのですが、密かにデコポン残れ、と念じていたら当社の一番偉い人が持って行きました。
ちなみにそこの斜め前にある「MAMA tarte」のタルトやキッシュもお勧め。
 

うな鐡(鰻)新宿歌舞伎町

CP(味・量・値段のバランス)
☆☆☆☆

うなぎもそれなりの店で食べると高いし安い店は硬くてまずいのであまり行きませんが、先日前職の先輩に連れられて行ってきました。
鰻自体も油がのっていて柔らかく味も濃くまた皮の香ばしさも素晴らしいのですが、加えてお米の炊き方が絶品だな、と。
硬すぎず柔らかすぎず、少し硬めに炊いているのがさすがプロ。つまみもいろいろ良かったですが、韮を鰻の鰭で巻いて串焼きにしたのが美味しく3本も食べてしまいました。
また行きたいけどあそこら辺は治安が悪そうだしな。
 

Napule(イタリアン)表参道

CP(味・量・値段のバランス)
☆☆☆☆☆

今でこそもちもちを売りにした商品はそこら中にありますが、私が初めて「もちもちって美味しいじゃん」と思ったのがこの店のピザでした。
どのピザも美味しいですが、やはりマルゲリータがいいのではないでしょうか。単なるとろとろではなく微かに歯ごたえのあるモッツァレラがもちもち生地にいいんです。一番のお勧めは、春か秋のいい気候の日に窓際でランチ。
隣はビルですが。若い人にはデートにも使えそうです。別にいくつになってデートしてもいいけど。

と、いうことで売上になりそうな動画案件があったら私に連絡ください。