Launching Brightcove...

7月14日に弊社(BCKK)のサービス「Brightcove 3」の完全日本語版がリリースされた。プレスでもかなりカバーしていただき、当日夜の恵比寿 Q.E.D.CLUB での記念パーティも200名弱の方にご参加いただいた。設立から一年足らずでここまで成長できたのも、お客様、関係者からのサポートのおかげと、あらためて感謝の意を表したい。

 

思えば一年前の夏、JVパートナーの方々とともに北京オリンピックの動画配信から弊社のサービスがスタートしたのだが、実はBCKKには私一人しかいなかった。ボールペン一本調達するのも、契約書を作成するのも、コピーをとるのも、米国本社とのシステム開発交渉も、電話をとるのも、すべて一人でやるという期間が一ヶ月ほどあった。その間に行った米国出張では、一週間の総睡眠時間が今の一日分しかなかったためか、本社の廊下で気を失った。あのまま一人だったらどうなったのか、今想像するだけで、、、吐きそうである。

そうこうするうちに、メンバーも増え、サービスを使っていただくお客様も増え、なんとか会社の体をなしてきた。

だが、私たちは動画配信という山では、まだ一合目を登っているに過ぎない。私たちの目指すべき山の頂では、すべてのメディア企業、マーケッターが存分に動画配信を活用し、それによって直接、間接に大きなビジネスを創り出せるようになっている。その頂へ到達するには、まだまだ克服しなければならない課題は多く、途中で滑落してしまうこともあるかもしれない。それでも、小さくまとまらず、マーケットにとって正しいことを判断の軸として、このビジネスをやっていきたいと考えている。

まだ誰も登頂したことのない山がそこにあるのを、そしてその山に誰かが登らなければならないことを、少なくとも私たちは知っている。















 

P.S. 早速、こんな装備を調達した。これで道なき道を照らすことができるはずだ、、、